注目の記事 PICK UP!

Apple Watch Series 4徹底レビュー!美しいデザインと機能について(4/4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

発売後も使えない機能も・・・

アップルウォッチシリーズ4は、今後のソフトウェアアップデートで新しいECGアプリケーションで心電図を取得する機能を紹介しますが、発売時に利用できる機能ではありません。

この機能は、アップグレードされた心拍センサーとDigital Crownを使用して動作します。新しいECG機能についてアップルが述べていることは次のとおりです。

アップルウォッチシリーズ4は、デジタルクラウンに組み込まれた電極とバッククリスタルの新しい電気心拍センサーを利用する新しいECGアプリを使用して、手首からECG読み取りを行うことができます。

このアプリでは、ユーザーはDigital Crownに触れ、30秒後に心臓リズムの分類を受け取ります。

心臓が正常なパターンで鼓動しているかどうか、または重篤な合併症を引き起こす可能性のある心房細動(AFib)の兆候があるかどうかを分類することができます。

すべてのレコーディング、関連する分類、および記載されているすべての症状は、健康アプリに医師と共有できるPDF形式で保存されます。

落下検出と同様に、ECGリーダを内蔵することのメリットは、多くのユーザーにとって日々の使用において明らかではありません。しかし、私はアップルウォッチシリーズ4と新しいECGアプリが重要な健康データなしに行く可能性のある顧客に有用な健康情報を提供することを確信しています。

まとめ

Apple Watch Series 4を特定の順序でテストして、一連の観察を終えます。

ほとんどの機能は同じですが、オーディオ入力に応答するSiriの強化により、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

ディクテーションは依然として応答性が必要です。

Series 4はSeries 3よりも高速で、古いApple Watchesと比べれば動作速度は飛躍ははるかに速度の向上が見込めます。

画面上のいくつかの要素は、起動時のApple Watch Series 4の40mmバージョンではベゼルの後ろに表示されていますが、44mmバージョンでは表示されません。(ハートアプリ、Infographのカレンダーコーナーモジュール、カレンダーアプリ)

Apple Watch Series 4用に更新されていないアプリはフルスクリーンではありません。 44mmは42mmアプリを実行し、40mmは38mmアプリを実行します。

内蔵の睡眠トラッキング、常時表示(時間帯でも)、またはカメラではありませんが、44mmディスプレイはビデオ通話に適した最初の画面です。

写真アプリでピクチャーを見ることができます。

パッケージも変更されており、より多くの組み合わせで販売される時計とバンドが発売される可能性があります。

カレンダーの「NO EVENTS」というプレースホルダーのテキストは、情報として表示されます。(それは40mmの角は切り詰められます)

近くのiPhoneを使わずにApple Watchで通話ができるようになっても、通話中にPhoneアプリから離れることはできません。

Apple Watchは健康的なライフスタイルを維持するために、1日中どのくらいの活動が必要かを定量化します。

私は自分のiPhoneの利用頻度を少なくしてその空いた時間を、友人や家族とつながっています。また、Siri、Apple Music、LTEでストリーミングされるApple Podcastsのトレーニングパートナーともなります。

これはApple Watch Series 3にも当てはまりましたが、Apple Watch Series 4ではそれ以上の価値はありませんが、今年の大きな報酬はApple Watchがどのように見えるか気に入っていることです。

そして、私は目に見えない特徴が時間の中で彼らの潜在能力を証明することは間違いないでしょう。

Apple Watchは年々確実に進化を続けています。

単独での通話、画面の大型化、音楽の再生、連絡のやり取り、ストリーミングでの音楽再生、インターネットなど、iPhoneでできる機能のほとんどがApple Watchでできるようになってきています。

ウェアラブル端末が進化することで、iPhoneとApple Watchの境がなくなっていくのかもしれません。

それぞれの利用シーンに合わせて好きなデバイスを選べるような時代が近いうちに来るのかもしれません。

Apple Watchは比較的トラブルの少ない品質の高いデバイスです。

もしかするとAppleは、Apple Watchの開発に技術の全てを費やしているのかもしれません。

iPhoneはすでに完成された製品で、Apple Watchはまだまだ伸び代があります。

単なる時計から生活の基盤を担う機能の一部として生活の中に溶け込んでいく日は遠くないのかもしれません。

Source:9to5Mac

関連記事

  1. Apple、macOSのMojave最新ベータ公開

  2. 2018年新型MacBook Proの9つの主要機能を紹介!

  3. iOS 12に搭載の機能でオンラインバンキングでパスワードを自動入力するバグ

  4. MacとiPadの統一化はありえる?

  5. Apple、Retinaディスプレイを搭載のMacBook Airを発表か、Mac Miniもアップ…

  6. Apple、2018年MacBook Proの修正パッチを公開

  7. 18%のAndroidユーザーがiOSへ乗り換えしていることが判明

  8. Watch OS 5では、 ‘Hey Siri’が不要になる!

  9. Apple Watch Series 4は薄型ベゼル搭載の可能性が高い!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. Apple、iPhone XR用の新しいクリアケー…
  2. Apple、オリジナルのテレビコンテンツをAppl…
  3. iPhoneのロック画面でも実は使える便利な裏技特…
  4. Apple、CEOティム・クック氏中国訪問でスパイ…
  5. iPhoneのSafariのタブを一気に消去する便…
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事