注目の記事 PICK UP!

Uniloc社、AppleのAirDrop技術を訴え

このエントリーをはてなブックマークに追加

Uniloc社、AppleのAirDrop技術を訴え

2006年フィリップスの特許でAirDropのファイル共有技術に挑戦したアップル社の主張を覆したことで、数ヵ月後にUnilocが水曜日にフォームに戻りました。

テキサス西部地区連邦地方裁判所に提出されたユニロク社の最新の試みは、2000年に米国特許商標庁に最初に提出された単一の特許を活用しています。

ジョナサン・グリフィス(Jonathan Griffiths)の米国特許第7,136,999号(「電子デバイス認証のための方法とシステム」)は、2つのデバイス間でデータを転送するための安全な環境を作成する技術を発明した。特に、IPは、Bluetoothを含む様々な無線プロトコルで認証を提供する方法をカバーしています。

特許の第1の請求によれば、短距離無線リンクを介して初期認証手順が実行される。一度認証されると、2つのデバイスは、第1の無線リンクプロトコルの範囲外にあるときに接続することができる。以下の請求項に記載されているように、装置は代替通信リンクを介して初期認証情報(鍵またはパスワード)を交換することができます。

IPは、同年にグリフィスからフィリップスエレクトロニクスまで、2000年に提出されて以来、何度も手を変えてきた。 2009年に特許アグリゲーターIPG Electronics 503 Limitedに譲渡され、その後2012年にPendragon Wirelessに譲渡され、2018年2月にUnilocの棺に上陸しました。その後、Uniloc Luxembourgは7月にUniloc 2017 LLCに特許を譲渡しました。

Unilocの米国ライセンシング企業は、最近形成されたUniloc 2017を使用して、AppleとAirDropに対する特許訴訟を活用しています。

AirDropは、2011年にOS X 10.7 Lionと共に導入された、大容量のファイルを1台のデバイスから別のデバイスに転送するプロセスを簡素化するために設計された自社のアドホックプロトコルです。

当初、Wi-Fi経由で2台のMacを接続するために開発されたサービスは、OS X Finderに初めて登場しました。 AirDropを実行することで、2台のMacがパスワードや複雑なネットワーク構成を必要とせずにアドホック接続をすばやく作成することができました。シンプルなドラッグアンドドロップ機能により、当時のダイレクトリンク、クラウドストレージなどのファイル転送ソリューションの代わりに、システムをより魅力的なものにできました。

アップルは、2013年にiOS 7を搭載したモバイルオペレーティングシステムに対応するため、AirDropを拡張し、変更しました。従来のAirDropテクノロジーとは異なり、リバース版では、検出とトークン設定にBluetoothを使用したデュアルリンク構造と、ユーザーには、自動デバイス検出とタップツーセンド機能を備えたシェアシートの使いやすいインターフェイスが提示されます。

今回の訴えは、2つの別個の通信リンクを介して認証情報を交換することによって2つの装置間の安全なリンクを確立することに関連する ‘999特許の請求項13および17の侵害を主張しています。

iPhone 5からiPhone XS Max、第4世代および第5世代のiPads、すべてのiPad mini世代、すべてのiPad Airモデル、iPad Pro、MacBook、MacBookなどすべてのiPhonesを含むAppleの現在のAirDrop実装と互換性のあるすべてのデバイスAir、MacBook Pro、iMac、Mac mini、Mac Pro、第5世代のiPod、第4世代〜第6世代のiPod touchモデルなどがあります。

Uniloc社は、訴訟において、不特定の損害賠償、訴訟手数料の払い戻し、および裁判所に適合したその他の救済を求めています。

AirDropのケースは、アップルの技術を対象としたUniloc訴訟の最新記事です。 2017年の中頃には、ほぼ1ヶ月に1回、iPhoneメーカーに対して訴訟を起こしていました。

昨年4月、UnilocはMaps、Apple ID、リモートソフトウェアのアップデートを訴え、AirPlay、オートダイヤル、バッテリー技術を取り入れた2番目のファイルを5月に提出した。昨年の6月には、デバイスの起動、ステップトラッキング、Apple Watchが7月のAirPlayとHome、8月のApple TV Remoteアプリ、10月のApple WatchのGPSに加えられました。

Unilocは、Activision Blizzard、Aspyr、Electronic Arts、McAfee、Microsoft、Rackspace、Sega、Sony、Symantecなど多くのハイテク企業に対して、再割り当てされた特許または漠然としたオリジナルのIPを活用して、米国で最もアクティブな特許トロールの1つです。

Source:appleinsider

関連記事

  1. ティム・クック氏、米国のプライバシー法が市民を「データ産業利用」から守るための呼びかけ

  2. iOS 12の9番目のベータ版のアップルシードを開発者に提供

  3. Apple、今後もiPhoneで成長する見込み

  4. 2018年Appleのオススメクリスマスギフト!

  5. Phil Schiller、新しいインタビューでiPhone XRの命名と ‘720p&…

  6. Apple、ビッグデータを活用してApple MapsをAR対応する予定

  7. GoogleのiOSとAndroid Appsの位置情報を無効にしても履歴を保存している

  8. Apple、MacOSの最新のアップデートで2018年MacBook Proのオーディオとカーネルの…

  9. Watch OS 5では、 ‘Hey Siri’が不要になる!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事