注目の記事 PICK UP!

Apple、G-Suiteの代替システムをプライバシー保護よりも優先して構築

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple、G-Suiteの代替システムをプライバシー保護よりも優先して構築

Apple社は、プライバシーを確保できていないにも関わらず、G-Suiteに代わる学校で生徒が利用登録できるサービスを提供しようとしています。個人管理システムを作ることなく、ほとんどの学生情報システムからブラックボックス化された学校向けのソリューションを構築しました。学校や企業が持つ他のものを100%交換しないソリューション(Classkit、Apple Business Manager、Apple School Managerなど)を作成しました。これらのシステムは単にiPadを配備するためのものとなっています。アップルはプライバシーには問題ないとしつつも透明性は確保できていません。Googleがエンタープライズおよび教育の顧客に提供するものを置き換えるツールを構築する必要があります。方法を説明しましょう。

毎週土曜日、ブラッドリー・チェンバーズは教育に関するアップルの新しい記事を出版しています。彼は2009年から教育環境でAppleデバイスを管理してきました。100台のMacと100台のiPadsを導入し管理してきた経験から