注目の記事 PICK UP!

iPhoneのバッテリーを後少しだけなんとか持たせたい時に使える裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneのバッテリーが無くなりそうな時に、あと少しもったら助かるのに…なんてことありませんか?出かけ先で10%を切ってしまったけど、今電源が切れたら困るなんてこともありますよね。今はiPhoneのバッテリーが長くなったので昔よりも少なくなったかもしれません。そんな時に使えるあと少し電源が切れずに耐えてくれたら…なんて場面に使える裏技を紹介します。

iPhoneのバッテリーを後少し持たせる裏技

1. 位置情報をオフにする
意外な盲点ともいえるiPhoneの位置情報をオフにするだけで充電の持ちが変わります。設定の中にある「プライバシー」→「位置情報サービス」を選択して設定してください。ただしiPhoneを落としてしまった時に位置情報の検索ができなくなってしまいますので、帰ったら元に戻すのを忘れずにしてくださいね。

2. モバイルデータ通信をオフにする
iPhoneのインターネットなどのモバイル機能をすべてオフにしておきましょう。Wi-Fiの機能などもすべて使えなくなってしまいますが、バッテリーを一時的に長持ちさせるには最適な方法です。この感は通信を必要とする機能は一切更新されませんので、注意してくださいね。

iPhoneのバッテリーを一時的に長持ちさせる為の便利機能になりますので、困った時の為に覚えておいてくださいね。

関連記事

  1. Safariのタブ管理が一気に楽になる便利な裏ワザ

  2. iPhoneで通知画面を確認する方法とは?

  3. iPhoneのsafariでページ内のキーワードを検索する方法

  4. iPhoneのワイヤレス充電ができる『Qi(チー)』

  5. iPhoneの充電機能を最速にする意外な裏技とは?

  6. iPhoneのデータをバックアップする方法

  7. iPhoneXの仮想ホームボタンってなに?

  8. アプリ操作中の「レビュー」を表示させないようにするには

  9. iPhoneのロック画面でも実は使える便利な裏技特集

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  2. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  3. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
  4. iPhoneの入力はユーザー辞書を使いこなすだけで…
  5. MacBook Airレビューまとめ!ほとんどの人…
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

人気記事