注目の記事 PICK UP!

Verizon、AT&T、T-Mobileは今年後半までeSIMをサポートしない予定

このエントリーをはてなブックマークに追加

Verizon、AT&T、T-Mobileは今年後半までeSIMをサポートしない予定

Appleは、iPhone XS、XS Max、およびXRのデュアルSIM機能をサポートするデジタルeSIMをサポートするiOS 12.1をリリースしましたが、eSIMのサポートは米国の通信事業者からすぐには利用できません。

たとえば、AT&Tは、eSIMのアクティベーションが、Visual Voicemailに関連する技術的な問題のため、年内の遅くまで延期されていると顧客に伝えています。

MacRumorsに話をしたAT&Tの店長1人によると、現時点でAT&TがデュアルSIMまたはeSIMをサポートしていないとの小売店には、eSIMカードを顧客に販売しないように勧められた店舗があるといいます。

VerizonとT-Mobileは、現時点でeSIMをサポートしていないと、PCMagに語った会社の広報担当者によると、 T-Mobileは、eSIMのサポートは現在行われており、タイムラインを用意せずに「ソフトウェアが準備完了したら」利用できるようになると語っています。

一方、Verizonは、いくつかの絡み合いが解消された後にeSIMが利用可能になると述べた。

Verizonのお客様は、パフォーマンス上の問題のため、現時点では他社のeSIMをアクティブ化しないようにすることも重要です。 PCMagで概説されているように、物理的なVerizon SIMが別の会社のeSIMによって「セカンダリ」位置に降格されると、Verizon接続は2G CDMAネットワークにダウングレードされます。

Verizonは、アップルと協力して、この問題を解決し、顧客がパフォーマンスの低下なしにeSIMを使用できるようにしていると言います。
「無線の顧客は、プライマリ回線とセカンダリ回線の両方で私たちが期待する偉大で高品質なサービスを提供できると確信したらすぐに、VerizonサービスのeSIMをアクティブにすることができます。 iPhoneのeSIMで別の通信事業者のサービスを有効にすると、Verizonサービスは現在のソフトウェア設定のために機能が低下します。

「Appleとの話し合いに基づいて、これらの懸念事項は迅速に解決されると考えており、年末までに2次回線に素晴らしいVerizonサービスを追加することができるはずです。高速データサービスを提供するため、当社はeSIM上でVerizonサービスを有効にすることはありません。これには、デュアルSIM機能を備えた当社独自のiPhoneと競合他社のネットワーク上のiPhoneが含まれます。
米国の4番目の大手通信事業者であるスプリントは、eSIMのサポートを導入しようとしているキャリアのリストにはないが、スプリントはある時点でサポートを追加する予定だという。

eSIM(デジタルSIM)は、iPhone XS、XS Max、およびXRの物理SIMカードとペアになる非物理SIMカードスロットで、デュアルSIMデュアルスタンバイを有効にします。これは、iPhoneユーザーが2台の電話機一度に利用可能となります。

デュアルSIMをサポートすることで、iPhoneユーザーは2つの電話番号を簡単に交換できるようになり、仕事や旅行のために2番目の電話やSIMの交換が不要になります。

現時点では、米国内の主要通信事業者からeSIMのサポートを受けることはできませんが、世界中の他の国でも利用可能です。 Appleには、eSIM機能をサポートするすべての通信事業者のリストがWebサイトに掲載されています。

Appleのサイトでは、AT&T、Verizon、T-MobileのeSIMサポートが「今年後半に来る」と述べ、3社が2018年末までにこの機能を開始することを目指していると述べています。

日本においてはどこのキャリアもサポートするのは未定となっています。

MVNOでは、IIJがeSIMの通信テストを行なっています。まだテストの段階で実用化までは程遠いですが利用できるようになれば通信費などコスト削減ができるようになります。

デュアルシムというと海外で利用されているイメージがあるかもしれませんが、国内でもメジャーな存在となっています。

理由は通信費の削減にあります。通話定額を大手キャリアで結び、データ通信はMVNOで利用するという使い方をすれば月額の通信費は大幅に削減することが可能になります。

スマートフォンの使い方は人それぞれで、大手キャリアのプランが必ずしも最適とは限らないでしょう。

個人の利用用途に応じて柔軟に対応することができるようになれば大手キャリアが通信市場を独占している構造も少しは改善されるかもしれません。

eSIMはまだ日本での対応予定はありませんが、今後対応することが予想されます。

Source:MacRumors

関連記事

  1. Apple、iPhone、iPad、iPod touch用のiOS 11.4を公式にリリース

  2. Apple、MacBookおよびMacBook Proキーボード交換プログラムに関する追加情報

  3. 2016年以降に販売されたMacBook Proのキーボードの不具合でリコールの署名運動

  4. AlexaがSiriよりスマートではないことが判明(後編)

  5. iPhone XSで写真を撮ると肌が自動で綺麗に補正される?

  6. Google Pixel 3 XLとiPhone XS Max:どちらのカメラが性能比較

  7. iPhoneのバッテリーが急に減少するバグの解決法

  8. iPhone8は接続がUSB-Cに変更?ライトニング(Lightning)ケーブルが廃止になるかも!…

  9. GoogleのiOSとAndroid Appsの位置情報を無効にしても履歴を保存している

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  2. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  3. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
  4. iPhoneの入力はユーザー辞書を使いこなすだけで…
  5. MacBook Airレビューまとめ!ほとんどの人…
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

人気記事