注目の記事 PICK UP!

Apple Pay、ペイキャッシュの成功のおかげで競合他社との競争が激しくなるかも

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Pay、ペイキャッシュの成功のおかげで競合他社との競争が激しくなるかも

ブルームバーグが今週発表した新しい報道では、Apple Pay Cashの発売や、モバイルを支える小売業者の増加などにより、より牽引力を増しているといわれています。

Apple Payの採用を促進するためのAppleの継続的な努力が浮かび上がってきており、アナリストGene Munster氏は、Appleの真の利点は、モバイルアプリ、デスクトップ、ピアツーピア、および店舗の支払いオプションを備えた唯一のデジタルウォレットだということにあると主張しています。

Munster氏によると、2017年12月のApple Pay Cashの発売は、Apple Payの経済インフラシステムにとって「まだまだ未完成であり、大きく欠けていたものでした」。同社は2018年の競争で「多くの基盤を築く」ことができましたと語っています。
合計で、米国商人の60%は、今年末までにApple Pay-ready機器を店頭に持ち込んでいます。これは、4年前のApple Payが開始した3%から増加しています。 Crone ConsultingのCEOであるRichard Crone氏は、Apple Payはすでに英国で印象的な成長を遂げています。そこには商人が「非接触式支払いをすでに受け入れており、消費者はすでに非接触型カードを使用していたからです。

複数のアナリストは、モバイル決済分野におけるAppleの最大の機会は、電子商取引サイトからのApple Payの受諾を増やし、Apple Pay Cashの機能を強化することだと考えています。 Crone Consultingのデータによると、Apple Payを使用したオンラインモバイルアプリ取引の数は、小売店内での取引よりもはるかに高速になっています。この分野では、Apple Payは数十万のWebサイトで使用されており、世界のトップ100の電子商取引アプリのうち85社に採用されています。

ファルコン・ポイント・キャピタルのシニア・マネージング・ディレクター、マイケル・マホニー氏は、マイケル・マホーニー氏は、「開始時には、タップして物理的に購入を行う」と語っています。

「モバイルコマースの世界全体が、電話で行われているすべてのものにシフトし、出荷されています。私の子供たちは店に行くことさえ考えません。 Apple Payはその行動の変化に伴って変化している」と語っています。

Loup Venturesのデータによれば、8月の見積もりでは、世界のiPhoneユーザーの31%が前年に何らかの方法でApple Payを1年前の25%からアップしたという。月2回以上の取引を行っているアクティブユーザーの総数に関して、Crone Consultingは、アップルのユーザー数は全世界で約2億2500万人であるのに対し、米国では3200万人と推定しています。米国の利用状況では、PayPalのユーザー数は2億5000万人に達し、Walmart Payは3,000万人のApple Payのすぐ下にあります。

Consumer Reportsのレビューによると、Apple Pay Cashは市場で最も高い評価を得ているピアツーピア支払いプラットフォームでした。このサービスは、主にアップル社のより強力なプライバシーとセキュリティ対策のおかげで、Zelle、Square Cash、Venmo、Facebook Messenger P2P支払いを打ち負かしたとしています。 Munster氏は、アップルのP2Pプラットフォームが成長するにつれて、新しい人たちに銀行をApple Pay(P2P iMessageの支払いに必要)に追加することを説得している。その多くは最終的にクレジットカードとデビットカードをWalletに追加してメインのNFC Apple Payとして機能することだとしています。

アップルはまた、モバイルウォレットを新しい国に拡大し続けており、今週はアップルペイがベルギーで発売される予定です。ベルギーの新聞De Tijdによると、11月1日の明日の早い時期にApple Payが11月初旬に立ち上げられるとの情報筋によると、大手銀行BNP Paribas Fortisが発売をサポートしています。次に、Apple Payはサウジアラビアに「近いうちに来る」と言われています。

こうした電子決済でのやり取りは今後ますます拡大していくものと予想されています。

日本でも電子決済はコンビニを始め公共交通機関などでも導入されており、すでに経済基盤の一部となっています。

現実の通貨で取引することが多い日本でもこれだけ浸透していることを考えると海外での取引は電子決算がメインとなる可能性があります。

 

Source:MacRumors

関連記事

  1. Apple Watchの特許出願、常時スクリーンオンに

  2. Apple Watch Series 4徹底レビュー!美しいデザインと機能について(1/4)

  3. 2018年発売予定のMacBookのリーク情報が公開!Amber Lakeチップ搭載か。

  4. 正規店修理、非正規店修理、iPhone修理はどちらでもOK!?アップルの方針が変更に!

  5. Apple、中国がiCloudサーバーにチップを埋め込んだ事実を否定

  6. Apple WatchのTime Travel機能のサポートがwatchOS5までになるかも?

  7. iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8、iPhone 7を比較(後編)

  8. Apple、iOS 12をiPhoneおよびiPad向けに発表

  9. iPhoneのセキュリティ対策情報

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年新型iPad Proを実際に使ってみた感…
  2. WEBページをPDFにてファイル保存する時の裏技
  3. 2018年新型iPad Pro 12.9インチハン…
  4. iPhoneの入力はユーザー辞書を使いこなすだけで…
  5. MacBook Airレビューまとめ!ほとんどの人…
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

人気記事