注目の記事 PICK UP!

iOS12の利用率は63%以上、iPad発売でさらに増加する見込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadが再び世界一の人気を誇るタブレットになるかも

調査会社IDCのデータによると、Appleは2018年第3四半期にタブレット市場をリードし続けており、iPadは「最寄りの競合他社の出荷台数のほぼ2倍」を達成しています。

Appleは、IDCによると、7月から9月の間に世界のタブレット市場の26.6%のシェアを獲得したと発表しました。 Samsungは、推定530万のタブレットの出荷量と14.6%の市場占有率となっています。

IDCによると、世界の出荷台数が3億640万台に減少したため、世界のタブレット市場は同四半期中に8.6%減少しました。木曜日に発表された同社の業績報告によると、iPadの収益は前年同期比で15%減少したため、Appleは市場の縮小を免れませんでした。

それにもかかわらず、IDCは、新しいiPad Proは、ホリデーシーズンのシーズンを通してAppleの売上を上げていると信じています。
3月下旬に発売されたPencilサポート付きの329ドルのPencilサポートは、Appleが低コストのiPadをリリースしてからはじめてであったのと同じ勢いを2017年第3四半期から維持することはできませんでした。 iPad Proは、第4四半期の初めにリフレッシュを見込んで前年同期を下回りました。これは、年末までにアップルにとって好調でした。
iPadが市場が衰えたとしても、数年間、世界で最も人気のあるタブレットとして残っています。 IDCシニアリサーチアナリストのJitesh Ubrani氏は、Appleの継続的なイノベーションとマーケティングに焦点を当てているため、同社はMicrosoft、Amazon、Huaweiなどの小規模ライバルから離れていると考えています。

IDCのデータによると、マイクロソフト社は、第4四半期の出荷台数に基づいて上位5社のタブレットベンダーのリストに加わったわけではないようです。

10月には全く新しいSurface Proが発売されましたが、それは四半期が終わった後でした。

IDCはまた、第3四半期のスマートフォンデータを共有しました。アップルは、第4四半期のiPhoneの出荷台数は前年同期比20.3%と14.6%のシェアを見込んでいたSamsungとHuaweiに次ぐ13.2%の市場シェアを獲得しました。

上位5社のスマートフォンベンダー、IDC経由で数百万の世界規模の出荷

アップルはサムスンに次ぐ世界第2位のスマートフォンメーカーですが、Huaweiは2年連続で3位に落ち込んでいます。それにもかかわらず、IDCは、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの