注目の記事 PICK UP!

Apple、HomePadが音楽を演奏中でも ‘Hey Siri’を検出する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple、HomePadが音楽を演奏中でも ‘Hey Siri’を検出する方法

Machine Learning Journalの新しい記事では、アップル社はホームポッド上のSiriが、音楽再生中、ユーザーがホームポッドから遠く離れているときにでも’Hey Siri’を検出する方法を掲載しました。

HomePodの典型的なオーディオ環境には、エコー、残響、ノイズなどの多くの課題があります。ユーザーの口の近くで動作するiPhoneのSiriとは異なり、Siri on HomePopは遠方の場面でうまく動作する必要があります。ユーザーは、ホームポッドが座っている場所に関係なく、ソファーやキッチンなどの多くの場所からSiriを呼び出すことを望みます。 HomePodが体験できるすべての環境問題に対処する完全なオンラインシステムは、さまざまなマルチチャネル信号処理技術の緊密な統合を必要とします。
これを実現するために、オーディオソフトウェアエンジニアリングとSiriスピーチチームは、機械学習アルゴリズムを使用してエコーとバックグラウンドノイズを除去し、同時に発生する音源を分離して干渉する音声を排除するHomePod用マルチチャネル信号処理システムを開発したとしています。

AppleはHomePodの6つのマイクを使用しており、HomePodがエネルギーを節約するために最低電力状態で動作している場合を含め、Apple A8チップによって継続的に給電されているとAppleは述べています。ジャーナルエントリによれば、マルチチャネルフィルタリングは常に変動するノイズ状態と移動する話者に適応します。

Appleは、HomePodがどのようにエコー、残響、ノイズを緩和するかについて、非常に技術的な概要を提供していきます。

エコーキャンセル

スピーカーはホームポッドのマイクに近く、マイクの位置で、特にユーザーがホームポッドから遠く離れている場合、音楽の再生はユーザーの “Hey Siri”ボイスコマンドよりも大幅に大きくなります。結果として生じるエコーと対抗するために、Siri on HomePodはマルチチャネルエコーキャンセレーションアルゴリズムを実装します。

残響除去

「Hey Siri」がHomePodから遠くに移動すると、部屋からの複数の反射が残響テールを作成し、音声コマンドの品質と明瞭度を低下させます。これに対処するために、ホームポッド上のSiriは、部屋特性を継続的に監視し、マイク信号の直接反射成分と初期反射成分を保存しながら残響を除去します。

騒音の低減

遠距離場の音声は、家電製品、HVACシステム、窓から入る屋外の音などのノイズによって通常汚染されます。これに対抗するために、HomePodは、すべての発話に対して固定のフィルタを作成する最先端の音声強調方法を使用します。

Appleは、さまざまなレベルの音楽やポッドキャスト再生、会話や雨などの連続したバックグラウンドノイズ、掃除機、ヘアドライヤー、電子レンジなどの家電製品の騒音など、いくつかの音響条件でHomePodのマルチチャンネル信号処理システムをテストしたと言います。

テストの間、Appleはホームポッドとそのテスト対象の場所をさまざまなユースケースに対応するように変更しました。たとえば、リビングルームやキッチンの環境では、ホームポッドは壁と部屋の中央に配置されていました。

Appleの記事では、Appleのマルチチャネル信号処理システムが精度の向上とエラーの減少をもたらしたことをグラフで示した、HomePodのSiriパフォーマンスメトリックのまとめで終わります。

Appleのスマートスピーカーはどんなものか?

日本ではHomePadは発売されていません。

この背景についてはわかりませんが、海外でもHomePadの人気はあまり高くないようです。

理由としては、価格と大きさデザインなどが他社と比べて未完成な感じがするからだということです。

机に置いていると接地面の素材が机に溶け出してしまうという問題も抱えています。

基本機能すらままならない状況で発売し、さらに商品自体のハードウェア不具合が存在しています。

これに対して対応方法としては、コースターのようなものを下に敷くことを推奨しています。

まとめ

先日Amazonから発売されている、スマートスピーカーにSiriが搭載されるかもしれないと報道がされました。

HomePadは成長途中でまだオススメできる状態ではありません。

価格、デザイン、音質、性能、いつものことですがAppleは第一世代の製品はなかなか手を出しにくいものとなっています。

日本に上陸する頃には完成度もしっかりとしており、iPhone、Mac、と連携し、Apple Musicと連携できる製品となっていると嬉しいですね。

Source:MacRumors

関連記事

  1. iPhoneをパスポート代わりに使えるようになるかも!

  2. iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8、iPhone 7を比較(後編)

  3. Apple、内部の資料からiPhone6は発売前から曲がりやすいことを知っていた?

  4. Apple Watch Series 4徹底レビュー!美しいデザインと機能について(4/4)

  5. Apple、G-Suiteの代替システムをプライバシー保護よりも優先して構築

  6. iPhoneユーザーが待ち受ける交差点。Appleが作る新しいデバイスとは。

  7. iOS 12に搭載の機能でオンラインバンキングでパスワードを自動入力するバグ

  8. WWDC18で発表されるものの予想をBloombergが公開!

  9. Apple、ウェブサイトから14のApple Watchバンドを削除

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2019年新型iPhoneとAirPowerはどう…
  2. 2018年のApple Watchの未来
  3. iPhoneでメールを送信する時の著名は編集できる…
  4. iOS 13に搭載されてほしい機能!
  5. iPhoneの写真をもっと上手に撮るグリッドとは?…
2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気記事