注目の記事 PICK UP!

ガートナー、中国のトップブランド、世界のスマートフォン売上を上回る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガートナー、2018年第3四半期の世界のスマートフォン売上を上回る中国のトップブランドの需要を語る

2018年第3四半期に世界のスマートフォンの売上高は1.4%増加しています。Gartner、Inc.によると、2018年第3四半期に中国のブランドHuaweiとXiaomiがグローバルなスマートフォンの売上を伸ばしました。全体として、エンドユーザーへのスマートフォンの売上高は、2018年の第3四半期に1.4%増加して3億8900万台に達したとされています。

ガートナーのリサーチディレクターであるAnshul Gupta氏は次のように述べています。「HuaweiとXiaomiの両方を世界的なスマートフォンベンダーリストから奪った場合、エンドユーザーへのスマートフォンの売上は5.2%減少するでしょう。 「低価格のスマートフォン、高機能カメラ、高解像度のディスプレイを中心に、中国の携帯電話メーカーは、2018年第3四半期に新興市場での販売を拡大しました。

Huaweiは、スマートフォンの売上がほとんどの携帯電話メーカーで減速している一方で、2018年第3四半期のスマートフォンの需要は43%増加しています。 Huaweiは、グレーターチャイナでもNo.1のスマートフォンブランドであり、多くの欧州市場でトップ3に入っています。 「Huaweiが中東、アジア太平洋、アフリカの新興市場でのブランド化と流通に投資することで積極的に展開する中、SamsungとHuaweiの格差は縮小し続けている」とGupta氏は述べました。 「Huaweiは、たとえば、フィーチャーフォンからそのような市場のスマートフォンへの移行を推進するために、手頃な価格のHonorシリーズスマートフォンを積極的に配置しています。

2018年の第3四半期には、ガートナーが世界的にスマートフォンの売上を追跡して以来、サムスンは最大の減少を経験しました。サムスンのスマートフォンの売上高は、第3四半期に14%減少した。サムスンのギャラクシーS9、S9 +、およびノー​​ト9は、2018年に需要を回復させるために苦労し、改良されたミッドティアおよびエントリ層のスマートフォンは、インドなどの主要市場で市場シェアを伸ばし、アジア太平洋地域を超えて、Samsungからの機会が奪われ続けています。