注目の記事 PICK UP!

iPhoneの組み立て工場のPegatronが関税の影響でインドネシアに移動するかも

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの組み立て工場のPegatronが関税の影響でインドネシアに移動するかも

AppleのiPhone組立パートナーであるPegatronは、最近の停戦のニュースにもかかわらず、米国と中国の貿易紛争を回避するためにインドネシアへの動きを見せているようです。

iPhone組立会社のPegatronは、中国からの米国関税の影響を受けるすべての機器の生産を、インドネシアのバタム島の工場へ移管すると報告されています。アップル以外のデバイスを含めて、移転される生産量は、2019年中頃に稼働する予定で、年間10億ドルの収入となります。

「トランプ西会議はペガトロンの戦略のペースには影響しないだろう」と無名の筋によると、日経アジアのレビューによると、 「投資は今月末か遅くとも翌月初めに行われます。工場が完全に稼動する前に、Pegatronが機器の移動、設置、認証を行うには2分の3が必要です」

また、日系アジア・レビューによれば、将来の製造の可能性のある場所としてベトナム北部も考慮されている。しかし、ニュースサイトの情報源によると、「バタム島への投資は他の場所よりも速く進んでいる」とされています。

ペガトロンの広報担当者は、この請求を確認することを拒否したが、同社は “可能性のすべてを調査している”と述べた。

Pegatronは依然として重要なiPhoneのアセンブラですが、Appleは容量やコンポーネントの調達に関する問題に引き続き、同社の使用を縮小しているようです。報告によれば、PegatronはもともとiPhone XRのすべての注文の50〜60%を生産する予定でしたが、現在はわずか25%しか生産していないとい割れています。ライバルのFoxconnがもう75%を生産しているかもしれません。

2人の無名の関係者は、ペガトロンが新しいものを建設するのではなく、特に早く生産を開始できるように、工場施設を借りているという日系人のアジア・レビューに話しました。賃貸施設には8,000〜10,000人の労働者が雇用される見込みとなっています。

この動きはペガトロンのチャールズ・リン最高財務責任者(Chief Financial Officer)が投資家に東南アジアの3カ国に新しい施設が存在する可能性があることを示しています。同様に、ペガトロン会長の董氏は最近、関税の影響を受ける機器を作るために、台湾北部の事業所を拡大する意向であることを発表しました。

ペガトロンの予想される動きは、アップルウォッチアセンブラのQuanta Computer、HomePod、AirPodsのメーカー、Inventec、そして潜在的にFoxconnなど、エレクトロニクス生産を中国から遠ざける他の企業に加わることを意味しています。

Quantaのスポークスパーソンは、日経アジアレビューで、「世界の2大経済大国間の貿易緊縮の最新の進展は、Quantaの現在の計画を変えないだろう」と語っています。

Foxconnが中国からの事業を移転しているとの報道の陰で、iPhone組立会社のFoxconnのテリー・グー会長は、貿易緊張が「5年から10年」になると予想していると述べた。

「不確実な政策がメーカーに圧力をかけている。 マルチロ​​ケーション戦略を通じてのみ、急速に変化するダイナミクスに対応することができます。」と語っています。

歴史的に、日経アジアのレビューは、アップルのハードウェア計画や意図について非常に貧しい実績があります。しかし、Appleのサプライヤーのビジネスに関するレポート(このレポートのようなもの)は、ほとんど常に正確です。

iPhoneはAppleの主力製品であり、世界中で販売され