注目の記事 PICK UP!

Appleのコンピュータはアメリカで作られていた!Macの歴史を探る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カリフォルニアのマッキントッシュを造るためのAppleの失敗した歴史を探る

ニューヨークタイムズ紙は本日、Appleの共同創設者スティーブジョブズが1980年代にカリフォルニア州フリーモントにマッキントッシュ製造工場を設立したことを探った興味深い記事を掲載しました。

ジョン・マルコフの作品には、「アップルが故郷になったとき」と題され、デトロイトでのヘンリーフォードの大量自動車製造へのジョブズの魅力と、ソニーのような日本企業の高品質製造能力、そしてジョブズが2つの文化を統合する方法「高度に自動化された」Mac工場です。

アップルのカリフォルニア州マッキントッシュの不運な施設(Credit:NYTのTerrence McCarthy)

「スティーブは日本の製造工程について深い確信を持っていました」とランディ・バッタットは思い出しました。ランディ・バッタはアップルに若い電気技師として入社し、同社の初期のポータブルコンピュータのいくつかの紹介を監督しました。 「日本人は製造業の魔法使いとして歓迎された。アイデアは、欠陥のない部品をジャストインタイムで納品する工場を作ることだった。それはビジネスには良くなかった。」
1983年、アップルの本社からサンフランシスコ湾のすぐ向かいに工場の建設が始まりました。最初に見学した記者団は、工場の労働力がマッキントッシュの製造コストの2パーセントを占めると発表しました。最先端の生産ライン。そのため期待は高かったが、工場で働くことの実際的な現実は著しく異なっていた。
フランスのOAのスペシャリストであるGassée氏は、当時Appleの最高経営責任者であったJohn SculleyからAppleの製品部門の社長に昇格したばかりで、同社のエンジニアリングおよび製造業務を担当していました。彼が最初に始めたとき、Gassée氏は工場生産ラインに取り組むことによって会社が実際にどのようにその製品を造った