岡山市中区にありますモバイル修理.jp マルナカ高屋店 三村です。

今日はiPhoneのリチウムイオンバッテリーに関しての記事です。

2年でバッテリー交換するべき!?

私たちが、ほぼ毎日使っているiPhone。

iPhoneの中に入っているリチウムイオンバッテリーは日々少しずつ劣化をしていっています。

まず、バッテリーを交換できることを知らない方も多いかもしれませんが、iPhoneはバッテリー交換が可能です!

目安としてよく言われるのが400~500回のフル充電をするとバッテリー交換の目安の時期となります。

毎日しっかりとiPhoneを使っていると1年半~2年ぐらいたつとそのぐらいの充電回数になっている方も多いと思われます。

 

バッテリーが充電できない?

充電がきちんとできないようになってしまったら、かなりの確率でバッテリーが劣化をしてしまっていることが多いです。

充電ができなくなってしまっては、本当に困ります。

そんな時は、ライトニングケーブルを純正のものに変えてみることも一つ試してもらいたいことです。

また、ライトニングポートにゴミなどが詰まっていないかもご確認ください。

詰まっている場合はエアーダスターがあれば、エアーダスターできれいにしてあげるといいかと思います。

色々と試してみてもダメな場合は、バッテリー交換が一番早いかもしれません。

 

急に充電のパーセンテージが変わる

充電の残量を右上の表示をされている方も多いのではないでしょうか。

お昼までは80%あったのに、少ししてみると50%になっている、などはバッテリーの劣化によるものが多いです。

不安定な表示になったらバッテリー交換の時期かもしれませんね。

 

結局おススメは?

iPhone自体の価格が高くなってきたので、何年ぐらい使おうと考えられてから購入される方も多いかと思います。

正直、愛着のあるiPhoneを何年使うか、むずかしい問題です。

新しいものが出たら、物欲もわいてきますしね。

外観は違っても、中身のiOSが最新のものを長く使えるのもiPhoneの特徴ではありますが、iOSのサポート目安としては現状5年ほどです。

個人的には、急な充電不良などが起きる前に購入して2年ほどでバッテリー交換をお勧めしたいところです。

 

岡山市中区唯一の総務省登録修理業者、モバイル修理.jp マルナカ高屋店でした!

おすすめの記事