会社の携帯でiPhoneを使っていて、着信を私用の携帯でもわかるようにしたい、2台iPhoneを持っていて片方が圏外になってしまうときの対応
などさまざまな理由で着信を「自動転送」して使うこともあると思います。使う場所は少ないかもしれませんが、覚えておくといざというときにも便利です。

iPhoneの着信を自動転送する設定方法は?

まずは着信を自動転送する設定方法から説明していきます。転送設定をするためには、転送先の電話番号を知らないと設定できません。

1. まずは、設定をタップします
2. 次に電話をタップします
3. 真ん中らへんにある自動電話転送をオン(緑)にします
4. 転送先の電話番号を入力して、自動電話転送の場面に戻ります
5. iPhoneのステータスバーに転送のアイコンが追加されていれば、設定が完了します。

iPhoneの着信で自動転送を行うと、発信者はもちろん転送設定をした端末の持ち主にも電話料金がかかります。そのため、通話料がかからないと思って使っていたのに、あとから請求が来てから気づくなんてこともあると思います。通常の電話と同じ扱いになりますので、転送機能を使うときは、十分に注意してくださいね。

おすすめの記事