iPhoneバッテリー交換

iPhoneのバッテリーが1日もたない症状でお悩みではありませんか?その症状の原因はバッテリーの劣化が原因です。iPhoneのバッテリーには寿命があります。寿命を迎えたバッテリーを使用し続けると、iPhone本体も大きなダメージを受けてしまいます。iPhoneが故障してしまう前に定期的なバッテリーの交換をオススメ致します。その他にも、iPhoneの画面が浮いてきた、バッテリーの表示が100%から急に20%に変わる、iPhoneの電源が入らないなど、このような症状はバッテリーの劣化が原因です。特にiPhoneの画面が浮いてきた症状の場合、バッテリーが膨張している可能性がありますので、早目のバッテリー交換が必要です。

iPhoneのバッテリーが故障する原因

iphonemenu1

iPhoneのバッテリーには寿命があります。通常は400回程度のフル充電で劣化状態になるといわれていますので、1年半~2年程度の使用でバッテリーに変化がでてきます。例えると水風船のように、初めは水を沢山溜めて大きく膨らみますが、何度も繰り返す事で風船のゴムが劣化し大きく膨らませる事ができなくなります。初めと比べて小さな水風船ですが、中には満タンに水が入っていますので、この状態をiPhoneは充電100%と認識します。でも水の量は初めより少なくなっていますので、充電100%でも自然とバッテリーの持ちが短くなってくるのです。経年劣化の他にも、非正規の充電器を使用した影響によりバッテリーを故障させてしまうものや、高温多湿な場所にiPhoneを放置した事でバッテリーを故障させてしまうものなど、原因は様々です。

バッテリーが故障しないようにするには?

iPhoneのバッテリーを故障させてしまう原因として多いのは非正規品の充電器で充電する事です。ACアダプタとケーブルは両方とも純正品を使用するようにして下さい。モバイルバッテリーや車載充電器も同様です。非正規品の充電器は基盤内のICチップを破損させてしまう事もあり、「このアクセサリは認識できません」という表示が出ている場合には、その原因が考えられます。また、充電しながらのiPhoneの使用は、バッテリーの劣化を加速させますのでやめましょう。iPhoneのバッテリーには寿命がありますので、バッテリーの経年劣化は回避できませんが、設定画面からアプリのバッテリー消費量を確認したり、画面の明るさ調整や画面自動ロックの時間を見直しするなど、少しでもバッテリーへの負担を和らげて下さい。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理
マンガでわかるモバイル修理.jp
3つの修理スタイル 来店修理 郵送修理 出張修理
プレゼント応募ページ POWERCOATING 高価買取 データ復元 データ復元 iPhone分解 FC募集 総務省登録修理業者
ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のアイフォン修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。アイフォン修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。