iPhoneホームボタン修理

iPhoneのホームボタンは落下や衝撃により故障したり、経年劣化による反応不良などがあります。ホームボタンは、使用する頻度が高いため経年劣化で調子が悪くなったり、落下による画面割れでホームボタンが外れてしまった、ホームボタンが効かなくなってしまったなどの症状も多くあります。ホームボタンがめり込んでしまい、強く押さないと反応しないなどのお悩みはありませんか?ホームボタンは部品交換が可能ですので15分程度でストレスを感じない使い心地を取り戻せます。

iPhoneのボタンが故障する原因

iphonemenu1
iPhone8以前のモデルで採用されているホームボタンは主要機能である事から、使用頻度が高く経年劣化で症状が出やすい部品です。ずっと利用していることでボタンが陥没し、埋まってしまって押せない、ボタンが戻らないなどの症状は多くのiPhoneユーザーに発生しています。ホームボタンの裏側には小さなシリコンクッションがあり、このシリコンクッションが劣化すると、ホームボタンがめり込んだような感覚になり、最終的にはホームボタンが押せなくなります。落下による画面割れで、ホームボタンに亀裂が入ったり、ホームボタンのケーブルが外れてしまい、ホームボタンが効かなくなることも。また、配置場所が充電口の傍である事から、ホコリの侵入や、湿気が原因による故障も多く発生しています。ホームボタンが全く効かない症状の場合、ソフトウェアトラブルが原因の可能性もあります。

iPhoneのTouchIDにも注意

iphonemenu1
iPhoneのホームボタンにはTouchID(指紋認証)という機能があります。TouchIDは本体とペアリングされているセキュリティ機能のため、ホームボタン交換をした場合に使用できなくなることがあります。画面割れを放置していたことが原因で、ホームボタンのケーブルが切れてしまったり、ホームボタンが割れたガラスの間に陥没したりすることもありますので、画面割れなどは放置せず、早目に修理しておくことも肝心です。ホームボタンはTouchIDだけ故障する事もありますので、液晶不良や画面割れは長期間放置せず、ホームボタンを故障させないためにもきちんと修理しておきましょう。

iPhoneのボタンが壊れたらどこで修理をすればいいの?

iphonemenu1
Appleの正規サービスであるアップルケアプラスを活用すれば安く修理を済ませることも出来ますが、純正のAppleCare+は金額も相応にかかります。最近はインターネットでiPhone自己修理用のキットが販売されているので、自分で修理対応する方もいます。しかしiPhoneの分解はとても危険を伴う行為なため、自己責任ではあるのですが、基本的にオススメはできません。部品の安全性の問題や、電波法に違反する修理もありますので注意が必要です。コストパフォーマンスと安全性を重視される場合は総務省の登録修理業者制度に登録しているiPhone修理業者を推奨します。また、iPhone7以降の機種ではホームボタンは感圧式ホームボタンに変更されているため部品交換での機能回復は通常できません。機能回復の修理技術があるお店に依頼するようにしましょう。

ボタンが故障しないようにするには?

iPhoneのホームボタンは使用頻度が多いため故障すると大変不便です。落下や衝撃から故障する事もありますので、耐衝撃タイプのiPhoneカバーケースで衝撃を抑えるようにしておきましょう。また、少し反応が悪い程度の症状であれば、ケーブルが外れているだけなど簡単に直る可能がありますので、症状が悪化する前にまずはご相談下さい。ソフトウェアトラブルが原因の場合にはiPhoneの再起動やiTunesでの初期化を試してみて下さい。初期化の際はデータのバックアップを忘れないように。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの修理スタイル

iPhone 来店修理 iPhone 郵送修理 iPhone 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。