iPhone画面割れ修理

iPhoneの画面は、その形状から非常に割れやすくなっています。落下による衝撃は勿論ですが、ズボンのポケットなどに入れたまま座ってしまい割れてしまう事も・・・。軽度なひび割れだからと放置してしまうと、ひび割れは少しずつ広がり悪化していきますので、やがてガラスが剥がれてしまったり、中の液晶部分まで破損させてしまいます。また、ひび割れの隙間からホコリや湿気が内部に入り込み、他の部品や重要な基板を破損させてる原因となります。軽度のひび割れでも放置せず、早目に修理する事が大切です。

iPhoneの画面が割れる原因

iphonemenu1
iPhoneの画面が割れる原因は様々ですが、大きく分けて2つあります。1つは「画面に強い点の力が加わった時」、2つ目は「フレームが瞬間的に歪んだ時」です。画面から落下した場所に小さな石があったり、机の角などに画面をぶつけてしまったりした場合、ガラスの1点に強い力が加わる事でクモ巣状に画面がひび割れてしまいます。フレーム側から落下した場合には、フレームが瞬間的に歪む事でガラスが圧迫されて画面にひびが入ります。また、画面にできた目に見えないような擦り傷も、画面が割れやすい原因になります。iPhoneの画面に擦り傷があると、「応力集中」という物理現象が起こり、ガラスがパキッと割れやすい状態になります。完全に画面が割れてしまうとデータのバックアップが困難になったり、すぐの対応&対処が難しくなってしまいます。

割れた画面を放置すると??

iphonemenu1
iPhoneの画面を割れたまま放置してしまうと様々な危険があります。画面の割れで発生したガラス片が指に刺さってしまう事例もありますし、割れて硬度が低くなった画面を使い続けた結果、画面が反応せずに操作不能になってしまうこともあります。また液晶の割れ目に水が入ってしまうと復旧できたiPhoneも漏電してしまったり、ジャンク品になってしまう可能性があります。ジャンク品になると下取り価格も下がってしまい、後々結果として損をしてしまう事も。液晶不良が始まると、ゴーストタッチを起こしてパスコードロックが勝手にかかり、解除できなくなくなると初期化が必要になります。そうなる前に、早めに修理をするようにしましょう。

画面修理はどこで修理をすればいいの?

iphonemenu1
iPhoneの画面修理はAppleの正規サービスであるアップルケアプラスを活用すれば安く修理を済ませることも出来ますが、純正のAppleCare+は金額も相応にかかります。また期間も決まっているため、期限が切れたあとに安く修理をしようと思うと、非正規店のiPhone修理の金額も魅力的に映るかもしれません。もっと安く済ませようと、iPhoneの修理キットを購入して自分でリペア対応する方もいますが、正直オススメは出来ません。専門的な修理技術や部品の品質を考えると、修理専門店に任せるのが良いと思います。コストパフォーマンスと安全性を重視される場合は総務省の登録修理業者制度に登録しているiPhone修理業者を推奨します。

画面が割れないようにするには?

iPhoneの画面が割れる主な原因は「画面に強い点の力が加わった時」「フレームが瞬間的に歪んだ時」です。まずは、この2つの原因を少しでも防御することが大切です。iPhoneの画面にはスマホコーティングG-PACKやガラスフィルムなどで、擦り傷や点の衝撃を抑えるようにしておく必要があります。落下や衝撃によるフレームの瞬間的な歪みを防ぐには、衝撃吸収タイプのiPhoneカバーケースがおすすめです。画面割れを防ぐアイテムはモバイル修理.jpでも取り揃えております。各店にお問い合わせ下さい。それでも、iPhoneの画面が割れてしまった場合には、画面タッチを繰り返しひび割れ部分を悪化させないように、なるべく早目にモバイル修理.jpへご相談下さい。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの修理スタイル

iPhone 来店修理 iPhone 郵送修理 iPhone 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。