iPhone自己修理失敗

自己修理に失敗したiPhoneの修復もお任せください。インターネットで見たら簡単そうだったので分解してみたが組み立てられなくなった、市販の部品を購入して交換したらiPhoneが起動しなくなってしまったなど、自己修理の失敗で壊れたiPhoneも修理可能です。ガラス修理などは簡単そうに見えますが、iPhoneを分解する際には小さなパーツを外したり、ロジックボード(基板)にケーブルを接続したりと、繊細な作業も伴います。修理を始めてみたものの思ったより難しく途中で断念してしまった場合でも、iPhoneは分解したままで問題ありませんので、そのままお持込下さい。

自己修理で失敗する原因

iphonemenu1
インターネットで修理のYouTube動画が流れていたり、自己修理セットがインターネット通販サイトで誰でも簡単に購入できるようになり、自分で気軽に修理をして失敗してしまったというケースが増えています。手軽に手に入る修理キットに入っている工具類はプロが使用する物とは大きく違います。手先が器用な人でも、工具が悪ければ中の部品を正しく分解する事はできません。また、交換する部品そのものの品質が違いますので、修理が完了した後から不具合やダメージが発生するケースも多くあります。

物理的な修理は特に危険を伴います

iphonemenu1
ソフトウェア側の問題であればアプリの再インストールや電源の再起動、Appleの公式情報に従って修復することが可能です。しかし物理的にボタンや液晶画面、カメラのパーツなどの破損、バッテリーや基板など内部のパーツを交換しようとする場合、漏電やショートの可能性もあり、とても危険です。ソフトウェア側でデータのバックアップが正常に出来ないなどのトラブルも大変ですが、ショートせずとも購入したiPhoneの修理キットに入っている工具を正しく使えずに手元を怪我してしまう方もいます。自信がある方でも細心の注意が必要です。

非正規店での修理が失敗!?

iphonemenu1
iPhone修理の窓口も多種多様です。アップルストアなどの公式修理窓口以外にも非正規修理店も街に増えています。非正規店では修理技術や部品品質も店ごとに大きく異なりますので、非正規修理店で修理をした後のトラブルも増えています。非正規修理店で失敗した修理も当店では承れますのでご相談ください。確実に、安全に、そしてコストパフォーマンスにも優れた修理サービスであれば「総務省登録修理業者」に修理を依頼することをオススメします。

自己修理で失敗してしまった場合は?

すぐにモバイル修理.jpへご来店下さい!iPhoneの修理には技術と経験が必要です。修理後も安心してiPhoneを使用し続けるためには、安全な修理を行う修理店に依頼するのが1番です。街にはiPhone修理店がたくさんありますが、法令の定めを厳守した安全な修理を行う「総務省登録修理業者」にiPhone修理はお任せ下さい。もちろん、モバイル修理.jpは総務省登録修理業者です!安心してお任せ下さい。同業者様の修理失敗も受付しておりますので、お気軽にご相談下さい。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの修理スタイル

iPhone 来店修理 iPhone 郵送修理 iPhone 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。