iPhoneカメラ修理

iPhoneのカメラには、フロントカメラとバックカメラの2種類があります。タッチ1つで切替が可能ですが、カメラはフロントとバックにそれぞれのカメラが搭載されています。写真のピントが合わない、ホコリのような物が映る、カメラが起動しないなどの症状でお困りの場合には、カメラ交換が必要です。また、iPhone6以降の機種では、iPhoneの背面にバックカメラを保護するカメラレンズカバーが付きましたが、このカメラレンズカバーだけが落下で割れてしまう故障も増えています。このような症状も、部品交換が可能ですので、お気軽にご相談ください。

iPhoneのカメラが故障する原因

iphonemenu1
iPhoneで写真撮影をした時、ホコリやゴミのような物が映り込む事がありますが、これはカメラのレンズについた汚れや傷が原因です。iPhoneのわずかな隙間やメッシュ部分から小さなホコリやゴミが入り、レンズを汚したり傷つけたりします。また、水蒸気や急激な温度変化が原因で、レンズに曇りを発生させたり、カメラを故障させてしまう場合もあります。水回りや高温多湿な場所にiPhoneを放置するとカメラ部品の故障に繋がりますので、夏場の保管対策は充分ご注意下さい。iPhoneのカメラは落下や衝撃で壊れる事も多く、それが原因でカメラが起動しなくなったり、起動しても画面が真っ暗なままなどの症状が発生します。このような症状はカメラ部品の交換が可能です。

小さなキズや液晶画面の不良もカメラを使いにくくする!?

iphonemenu1
iPhoneのカメラの表面ガラスに小さな傷が入ってしまうと、写真を取る際に全体がぼやけて見えたり、キレイに撮影できない症状の原因になったりします、せっかく撮影する写真が調子が悪いために写りが悪いと、カメラのソフトウェアが優秀でもその真価を発揮することが出来ません。また液晶画面に黒い点や黒い斑点、その他線が入っていたりする不良もカメラアプリを使いにくくしてしまいます。この場合、カメラ自体はエラーが発生しているわけでは無いので写真をキレイに撮影出来ますが、すぐに確認できず、とても不便です。液晶画面の不良も放置することで悪化する場合があるため、カメラの使いやすいさと液晶画面の不良の悪化を防ぐためにも、『おかしい』と感じる部分が少しでもあれば、修理相談を無料で受けられる窓口などで一度確認することをおすすめします。

カメラの修理はどこですればいいのか?

iphonemenu1
iPhoneのカメラ修理はAppleの正規サービスであるアップルケアプラスを活用すれば安く修理を済ませることも出来ますが、純正のAppleCare+は金額も相応にかかります。iPhoneの修理キットと専用のカメラの部品を購入して自分でリペア対応する方もいますが、正直オススメは出来ません。また純粋にカメラの表面ガラスの傷だけの場合、表面の研磨処理を行うことでカメラが復活する可能性もありますが、これらも専門スタッフによる処理が最も安全であることは言うまでもありません。コストパフォーマンスと安全性を重視される場合は総務省の登録修理業者制度に登録しているiPhone修理業者を推奨します。

カメラが故障しないようにするには?

iPhoneのカメラが故障する原因の多くはゴミやホコリです。現場のお仕事などでホコリが入りやすい環境の場合にはiPhoneカバーケースを付けるなどしてホコリの侵入を防いでください。また、お風呂やキッチンにiPhoneを持ち込む場合には、水蒸気を防ぐように防水のケースなどに入れて水蒸気の影響を受けないようにして下さい。もちろん、衝撃からもカメラを守らなければなりませんので、耐衝撃タイプのカバーケースもオススメです。特に画面が割れているiPhoneや、画面が浮いて隙間ができているiPhoneは、ひびや隙間からホコリやゴミが入り、カメラを故障させるだけでなく、他の故障の原因にもなります。早目にご相談をお願い致します。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの修理スタイル

iPhone 来店修理 iPhone 郵送修理 iPhone 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。