iPhoneカメラ修理

iPhoneのカメラには、フロントカメラとバックカメラの2種類があります。タッチ1つで切替が可能ですが、カメラはフロントとバックにそれぞれのカメラが搭載されています。写真のピントが合わない、ホコリのような物が映る、カメラが起動しないなどの症状でお困りの場合には、カメラ交換が必要です。また、iPhone6以降の機種では、iPhoneの背面にバックカメラを保護するカメラレンズカバーが付きましたが、このカメラレンズカバーだけが落下で割れてしまう故障も増えています。このような症状も、部品交換が可能ですので、お気軽にご相談ください。

iPhoneのカメラが故障する原因

iphonemenu1

iPhoneで写真撮影をした時、ホコリやゴミのような物が映り込む事がありますが、これはカメラのレンズについた汚れや傷が原因です。iPhoneのわずかな隙間やメッシュ部分から小さなホコリやゴミが入り、レンズを汚したり傷つけたりします。また、水蒸気や急激な温度変化が原因で、レンズに曇りを発生させたり、カメラを故障させてしまう場合もあります。水回りや高温多湿な場所にiPhoneを放置するとカメラ部品の故障に繋がりますので、夏場の保管対策は充分ご注意下さい。iPhoneのカメラは落下や衝撃で壊れる事も多く、それが原因でカメラが起動しなくなったり、起動しても画面が真っ暗なままなどの症状が発生します。このような症状はカメラ部品の交換が可能です。

カメラが故障しないようにするには?

iPhoneのカメラが故障する原因の多くはゴミやホコリです。現場のお仕事などでホコリが入りやすい環境の場合にはiPhoneカバーケースを付けるなどしてホコリの侵入を防いでください。また、お風呂やキッチンにiPhoneを持ち込む場合には、水蒸気を防ぐように防水のケースなどに入れて水蒸気の影響を受けないようにして下さい。もちろん、衝撃からもカメラを守らなければなりませんので、耐衝撃タイプのカバーケースもオススメです。特に画面が割れているiPhoneや、画面が浮いて隙間ができているiPhoneは、ひびや隙間からホコリやゴミが入り、カメラを故障させるだけでなく、他の故障の原因にもなります。早目にご相談をお願い致します。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理
マンガでわかるモバイル修理.jp
3つの修理スタイル 来店修理 郵送修理 出張修理
プレゼント応募ページ POWERCOATING 高価買取 データ復元 データ復元 iPhone分解 FC募集 総務省登録修理業者

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のアイフォン修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。アイフォン修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。