iPad7 機能一覧

2019年に発売されたiPad7。 2018年に登場したiPad6と比較すると大きさが少しだけ大きくなっており、9.7インチから10.2インチになっています。容量や色などの変化はなく、32GBと128GBの2種類の容量とスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3種類のカラーバリエーションとなっています。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイは、iPad6と同じく「Retinaディスプレイ」を採用されており、大きさがiPad6の9.7インチに対してiPad7では、10.2インチとなっています。iPad6よりも大きくなったことで若干重くなっていますが厚みは、そのままです。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、変わらず10時間となっており、長く使用することが可能です。 Cellularモデルでは、携帯電話のネットワークを利用した際の最大駆動時間は9時間になっています。

ホームボタン

iPad7にもホームボタンは搭載されており、Touch IDもそのまま残っています。ホームボタンを長押しすることでSiriを起動することも可能です。

Touch ID

iPad7では、Touch IDも搭載されているので指紋認証が可能なっています。指紋認証をすることでロックを解除することも可能でさらにウェブ上での支払いでもTouch IDを使用することが可能です。

Siri

Siriもそのまま残っており、ホームボタンを長押しすることでSiriを起動することが可能です。また、ハンズフリーにも対応しているので「Hey Siri」と話しかけるだけでもSiriを起動することが可能になっています。

リアカメラ

リアカメラの性能はほとんど変化がなく、800万画素がそのまま残っており、動画撮影では、フルHD画質に対応しています。バーストモードなどの機能もそのまま残っており、連写を行うことも可能です。ただ、動画のスローモーションでは、iPad6が240fpsだったのに対してiPad7では、120fpsになっているので若干落ちています。

フロントカメラ

フロントカメラの性能もほとんど変わっておらず120万画素での写真撮影が可能で動画撮影でもHD画質に対応しています。フロントカメラもバーストモードなどが残っているので連写が可能です。

Apple A10 Fusion

iPad6にも搭載されていたA10 FusionがiPad7でも搭載されています。iPhone6と比較すると2倍の速さで動作することが可能でさらに消費電力が1/5になっています。iPad6と同じA10 Fusionを搭載されていますがiPad6では、メモリ容量が2GBに対してiPad7では、3GBになっています。メモリの容量が増えたことで処理速度や一度に処理できる量が増えているので性能も向上しています。

Wi-FiモデルとCellularモデル

今回のiPad7でもWi-FiモデルとCellularモデルが登場しており、今まで同様にCellularモデルの方が価格が高くなっています。CellularモデルだとSIMカードを挿入することでモバイル通信の接続が可能になるため、Wi-Fiの環境が無くてもインターネット接続ができるようになります。Wi-FiモデルとCellularモデルは、背面のデザインが若干異なります。

スリープボタン

スリープボタンも搭載されており、今までとデザインやサイズなどは変わっていません。設置場所もiPad6同様に右上に配置されています。

ボリュームボタン

ボリュームボタンもiPad6同様に右上に配置されています。ただ、マナースイッチは廃止されたままなのでマナーモードに切り替える時にはコントロールセンターから切り替えるようにしましょう。

Ligtningコネクタ

iPad7でもLigtningコネクタが搭載されており、iPad6と同じ規格になっています。Ligtningケーブルなら充電することが可能なのでiPhoneの充電器でも充電することが可能です。ただ、iPhoneの電源アダプタでiPadを充電するとコンセントに接続しても半分くらいの電力しか供給できないので時間が掛かってしまうので注意しましょう。

Apple Pencil(第1世代)

iPad6から対応したApple Pencil(第1世代)ですがiPad7でも使用することができます。LigtningコネクタにApple Pencil(第1世代)を差し込むことでBluetooth接続ができるようになります。

Smart Keyboard

iPad6では、対応していなかったSmart KeyboardにもiPad7では対応しています。本体の左側面に「Smart Connector」が搭載されているのでそこにSmart Keyboardを接続することでSmart Keyboardが使用することが可能なります。

iPadOS

iPad7からは、iPadOSに対応しており、「Slide Over」ができるようになったり、同じアプリを複数の開くことが可能になっています。iPadOSが搭載されたことで作業効率がかなり向上しています。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。