iPodnano7 機能一覧

2012年に発売されたiPod nano(第7世代)。 iPod nano(第6世代)と比較すると大きくなり、ホームボタンが搭載されました。カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、パープル、ブルー、ピンク、RED、イエロー、グリーンの8色となっています。ですが、2015年に新たに登場したiPod nano(第7世代)では、カラーバリエーションが少なくなっており、シルバー、スペースグレイ、ピンク、ブルー、REDの5色になっています。容量は、16GBのみとなっており、8GBは廃止となっています。最大4000曲保存することが可能なのでiPod nano(第6世代)と変わっていません。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイの大きさは、iPod nano(第6世代)よりも大きくなっており、2.5インチのディスプレイとなっています。ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイを搭載しているので画面をタッチすることで操作することが可能になっています。iPod nano(第6世代)よりも大きくなっているので操作がしやすくなっています。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、iPod nano(第6世代)よりも長くなっており、音楽再生なら24時間となっていた駆動時間は、30時間となっています。ビデオ再生も3.5時間となっているので駆動時間も向上しています。

ホームボタン

iPod nano(第7世代)からホームボタンが搭載されています。iPod nano(第6世代)には搭載されていなかったホームボタンが搭載されたことでホームボタンを押すことでホームに戻ることが可能で画面をオンにするときにもホームボタンで画面をオンにできます。指紋認証のTouch IDはまだ搭載されていないので指紋認証を使用することはできません。

ボリュームボタン

iPod nano(第6世代)同様にボリュームボタンが搭載されています。これを操作することで音量調整を行うことができます。iPod nano(第6世代)では、本体の上に搭載されていましたがiPod nano(第7世代)からは場所が変わっており、左側面の上に搭載されています。音量の+-の間に再生・停止のボタンも搭載されているのでこれで音楽を再生したり一時停止を行うことができます。

スリープボタン

スリープボタンも搭載されており、本体の右上に設置されています。これを押すことで画面のオンオフ、電源のオンオフを行うことができます。iPod nano(第6世代)にも搭載されており、デザインや大きさはあまり変わっていません。

Ligtningコネクタ

iPod nano(第6世代)では、30ピンDockコネクタでしたが今回のiPod nano(第7世代)では、Ligtningコネクタに変更されています。Ligtningケーブルは無方向性の端子になるので上下逆でも接続することが可能で接続することで充電することが可能になっています。イヤホンジャックは、iPod nano(第6世代)では、右下に搭載されていましたがiPod nano(第7世代)では、左下に変わっています。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。