iPad6 機能一覧

2018年に発売されたiPad6。 前作のiPad5が2017年に発売されているので約1年後に登場しています。容量やカラーバリエーションは、iPad5と変わらず、32GBと128GBの2種類の容量とスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3種類のカラーが登場しています。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイは、iPad5と同様に「Retinaディスプレイ」を搭載されており、大きさも9.7インチと前作と同じ大きさになっています。ディスプレイの大きさも変わらず、重量や暑さも全く変わっていません。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、初代iPadから変わらず10時間となっていますがCPUの性能が上がってもバッテリーが10時間持つのでCPUだけでなくバッテリーの性能も向上しています。

ホームボタン

iPad6にもホームボタンが搭載されており、長押しすることでSiriを起動することも可能です。また、Touch IDの健在で指紋認証でロックを可能です。

Touch ID

iPad5から搭載されたTouch IDは、iPad6でも搭載されており、指紋認証が可能になっています。Touch IDを使用することでウェブ上での支払いにも対応しています。

リアカメラ

リアカメラは、あまり変化がなく800万画素となっており、動画でもフルHD画質に対応しています。手ぶれ補正も搭載されており、オートフォーカスとタップすることでフォーカスを合わせることも可能です。

フロントカメラ

フロントカメラの画素数もiPad5と変わっておらず120万画素となっています。バーストモードも使用することが可能でシャッターボタンを長押しすることで連写が可能になり、1秒間に10枚の写真を撮ることができるようになっています。

Apple A10 Fusion

iPhone7や7Plusにも搭載されているA10 Fusionが搭載されており、高効率コアと高性能コアをそれぞれ2つずつ持っています。iPhone6と比較すると2倍の速度で動かすことが可能で必要電力が1/5となっています。さらにGPUは、iPhone6の3倍の速度で動かすことが可能になっています。速度は、2倍になり消費電力が1/5となっているのでかなり性能が上がっていることがわかります。メモリ容量は、iPad5と同じく2GBとなっています。

Wi-FiモデルとCellularモデル

iPad6では、Wi-FiモデルとCellularモデルの2種類が発売されており、iPad5同様にCellularモデルの方が高くなっています。iPad5とほぼ同額で発売されています。

スリープボタン

スリープボタンも搭載されており、サイズやデザインもほとんど変わっていません。iPad5同様に右上に配置されています。

ボリュームボタン

ボリュームボタンもiPad5同様に搭載されており、右上に設置されています。iPad5から廃止になったマナースイッチは、iPad6でも廃止になっています。マナーモードに変更するときにはコントロールセンターから変更しましょう。

Ligtningコネクタ

iPad5同様にLigtningコネクタとなっており、Ligtningは無方向性なので上下逆でも接続することが可能になっています。Apple純正以外のケーブルを使用するときには、Ligtningコネクタに端子が詰まってしまうことがあるので注意しましょう。

Apple Pencil(第1世代)

前回のiPad5では、対応していなかったApple Pencil(第1世代)にも対応しています。 今までiPad Proにしか対応していなかったApple PencilがiPadでも使用することができるようになりました。第1世代のみ対応ということなのでLigtningコネクタにApple Pencilを差し込むことでBluetooth接続が可能になっています。今まで指で操作していたのがペンで操作することが可能になっているので絵を書いたり、メモを取るときにかなりスムーズになりました。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。