iPhoneSE2 機能一覧

2020年に登場したiPhoneSE2。 容量は、11と一緒で64GB、128GB、256GBとなっています。ただ、カラーバリエーションが11と比較すると少なくなっており、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3種類となっています。見た目もiPhone8にそっくりで性能も8と同じような部分が多いです。

性能・便利機能

ディスプレイ

「Retina HDディスプレイ」を搭載しており、大きさは、iPhone8や7と同じく4.7インチになっています。11と11ProMaxと比較すると大きさは小さくなっていますが4.7インチ好きにはたまらないでしょう。

ワイヤレス充電

iPhone8と同様にワイヤレス充電に対応しており、「Qi(チー)」の充電器で充電することができます。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、iPhone8と同じ駆動時間になっており、11や11Proと比較しても駆動時間は短くなっています。ただ、A13 Bonicが搭載されているので消費電力が抑えられているので体感では8よりも長く感じると思います。

ApplePay

これまでのiPhone同様にApplePayを使用することが可能で11や11Proは、FaceIDですがSE2では、ホームボタンで支払いをすることができます。

iPhone11 A13 Bonic

A12と比較すると20%速度が向上しており、消費電力が40%削減できています。iPhone8とそっくりな見た目ですが性能は8よりも遥かに向上しています。処理速度は、1秒間に1兆回。

防沫・防塵

IP67等級というモノで防塵に関しては防ぐことができますが耐水に関しては、水深1メートルで30分間という耐水性能を持っています。11Proや11ProMaxと比べると耐水性能は劣ってしまいます。

ホームボタン

X以降なくなってしまっていたホームボタンですがSE2で復活しています。 SE2では、FaceIDが無くなったのでホームボタンが復活し、TouchIDが使用可能になっています。ホームボタンの感圧は設定から変更することができるので気になる方は変更しましょう。 「設定」→「一般」→「ホームボタン」で変更しましょう。

スリープボタン

これまでのiPhone同様に右上に配置されており、11や11Proと比べると大きさが少し小さくなっています。ただ、デザインは全く変わっていません。

リアカメラ

12MP広角カメラを搭載しており、11Proと11ProMaxに搭載されている超広角は搭載されていません。ポートレートモードも使用可能でポートレートライティングでは、6つのエフェクトを使用することが可能になっており、11Proや11ProMaxと同じになっています。(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))。ただ、11や11Proでは、ナイトモードが搭載されていますがSE2ではナイトモードが搭載されていません。

インカメラ

7MPカメラを搭載しており、ポートレートモードも備えています。 また、リアカメラ同様にポートレートライティングでは、6つのエフェクトを使用することが可能になっています。iPhone8では、ポートレートモードが無かったのでこれは8よりも性能が上がっています。

ボリュームボタン

ボリュームボタンとマナースイッチは、これまで同様に左上に配置されており、デザインや大きさは全く変わっていません。

SIM

デュアルSIMに対応しており、nano-SIMとe-SIMに対応しています。ただ、micro-SIMには対応していません。

ライトニングコネクタ

iPhone7以降廃止されたイヤホンジャックですがSEでもイヤホンジャックは廃止されたままです。ただ、ライトニングは変わっていません。11Proや11ProMaxでUSB-C-Ligtningケーブルになっていますが、SE2ではこれまで同様にUSB-Ligtningケーブルになっています。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。