iPhoneX 機能一覧

2017年に発売されたiPhoneX。 iPhone8同様に背面はガラス使用になっており、容量も64GBと256GBの2種類で同じです。ただ、カラーバリエーションがiPhone8と違い、シルバーとスペースグレイの2種類になっています。

性能・便利機能

ディスプレイ

今までは、IPS液晶を使用していましたがiPhoneXからは「Super Retinaディスプレイ」を搭載しており、OLED(有機EL)の液晶が搭載されています。また、ホームボタンが廃止され、サイズは5.8インチになっています。

ワイヤレス充電

iPhone8、8plus同様、ワイヤレス充電に対応しており、「Qi(チー)」という国際基準企画に対応しています。

バッテリー

iPhone7やiPhone8は、約13時間という駆動時間でしたがiPhoneXでは駆動時間が2時間増え、約15時間になっています。

防沫・耐水・防塵性能

iPhone7と同等の『IP67』等級の防沫・耐水・防塵性能が搭載されています。『IP67』とは、防塵性能が6等級で水の侵入に対する等級は7等級となっています。防塵に関しては、完全に防ぐことが可能になりましたが液体に関しては、30分間水につけても影響がないとされています。ただ、液体に関しては、「常温で真水」という条件下で測られているのでお風呂や雨などでは内部に液体が侵入してしまうこともあります。

ApplePay

FaceIDを使用することで店頭やウェブでの支払いができるようになっています。iPhone8までは、ホームボタンをダブルクリックでApplePayを起動できましたがiPhoneXでは、スリープボタンをダブルクリックすることでApplePayを起動することが可能になっています。

iPhoneX A11 Bionicチップ

iPhone8や8plusにも搭載されているチップで高性能コアが2つと高効率コアが4つ搭載されています。A10と比較すると約1.3倍の速度で動かすことが可能でさらに6とのコアを全て同時に使用することが可能になっています。

FaceID

iPhone8までは、ホームボタンがついていましたがiPhoneXには、ホームボタンがついていません。ホームボタンはなくなっていますがFaceIDが搭載されており、指紋認証から顔認証になっています。

スリープボタン

今までのiPhoneと変わらず、右上に配置されており、大きさなどもほとんど変わっていません。スリープボタンをダブルクリックすることでApplePayを起動することができます。

リアカメラ

12MP広角と12MP望遠カメラを搭載しており、光学ズームで最大10倍のデジタルズームを可能にしています。また、レンズカバーにはサファイアクリスタル製のカバーを使用しています。

インカメラ

TureDepthカメラが初めて搭載されており、このカメラによりFaceIDが可能になっています。ユーザーの顔を正確に読み取ることが可能になり、様々な表情や傾きでも顔を読み取ることを可能にしています。また、アニ文字も可能になっており、ユーザーの表情を投影できる3DCGアニメーションを可能にしています。iPhone7Plusや8Plusでも搭載されていたポートレートモードを使用することも可能で背景をぼかすことで被写体を目立たせることが可能になっています。

ボリュームボタン

「ボリュームボタン」と「マナーボタン」はこれまで同様に左上にあります。サイズなどもほとんど変わっていません。

ライトニングコネクタ

iPhone7や8と同じようにライトニングコネクタが搭載されています。また、イヤホンジャックは廃止されているのでこれからコード付きのイヤホンは変換アダプタが必要になるので注意しましょう。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。