iPodnano3 機能一覧

2007年に発売されたiPod nano(第3世代)。 iPod nano(第2世代)と比べると見た目が大幅に変わっており、iPod Classicとそっくりな見た目になっています。カラーバリエーションは、ブルー、グリーン、シルバー、ブラック、REDの5色でしたが後にピンクも追加されたことでiPod nano(第2世代)と同じく6色となっています。容量は、4GBと8GBの2種類となっており、4GBはシルバーのみとなっています。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイの大きさは、iPod nano(第2世代)よりも少し大きくなっており、2インチ液晶ディスプレイとなっています。また、青白色LEDバックライトもそのまま搭載されています。マルチタッチにはまだ対応していないので操作を行うときにはクリックホイールを操作します。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、第2世代と変わらず音楽再生なら24時間の駆動時間でビデオの再生なら5時間の駆動時間となっています。また、バッテリー80%までなら高速充電になっており、1.5時間で充電することが可能です。完全に充電するには3時間かかります。

クリックホイール

マルチタッチディスプレイではないので操作を行うときにはクリックホイールを操作します。クリックホイールの左右のボタンで早送りや巻き戻しを行い、上のボタンでメニューを開くことができます。また、下のボタンで音楽の再生、一時停止を行うことができます。音量調整もクリックホイールで行うことが可能でクリックホイールを時計回り、反時計回りになぞることで音量調整を行うことができます。ボリュームボタンは搭載されていないのでクリックホイールのみで音量の調整が行えます。

ホールドスイッチ

iPod nano(第2世代)までは、ホールドスイッチが本体の上側に搭載されていましたが今回のiPod nano(第3世代)からは本体下側に変わっています。これをオンにすることでクリックホイールを操作不可にできるので間違って曲を飛ばしてしまったりすることを防ぐことができます。

30ピンDockコネクタ

充電規格は、iPod nano(第2世代)同様に30ピンDockコネクタとなっています。ただ、設置場所が変わっており、第2世代までは本体下の左側に搭載されていましたが第3世代からは本体下の真ん中に搭載されています。本体下側の右側にはイヤホンジャックが右側にはホールドスイッチが搭載されています。30ピンDockコネクタでPCに接続することで充電、iTunesと同期することが可能で電源アダプタに接続することで充電することが可能になります。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。