iPodnano6 機能一覧

2010年に発売されたiPod nano(第6世代)。 iPod nano(第5世代)までは、「Multi-Touchディスプレイ」が搭載されていませんでしたが今回のiPod nano(第6世代)では、「Multi-Touchディスプレイ」が搭載されたことでタッチパネルになりました。カラーバリエーションは、シルバー、グラファイト、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンクに加えてAppleStore限定のREDの7色となっています。容量は、8GBと16GBの2種類となっており、音楽なら最大4000曲保存することができます。iPod nano(第5世代)で初めてカメラとマイクが搭載されましたがiPod nano(第6世代)では廃止になっています。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイの大きさは、1.54インチとなっており、iPod nano(第5世代)よりも小さくなっています。本体の形も大きく変わっており、一回り以上小さくなっています。「Multi-Touchディスプレイ」に変わったことでタッチ操作することが可能になり、クリックホイールが廃止されています。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、iPod nano(第5世代)と変わらず24時間となっています。また、バッテリー容量の80%までは高速充電となっているので約1.5時間でバッテリーを充電することが可能になっています。100%充電を貯めるのにかかる時間は、3時間となっています。

ボリュームボタン

クリックホイールが廃止され、タッチパネルでの操作が可能になったことでボリュームボタンが搭載されています。iPod nano(第5世代)までは、クリックホイールで音量の調整をしていましたがボリュームボタンが搭載されたことでボタン音量の調整ができるようになっています。ボリュームボタンは、本体の左上に搭載されています。

スリープボタン

iPod nano(第5世代)までは、ホールドスイッチが搭載されていましたがこれが廃止になり、iPhoneと同じようにスリープボタンが搭載されました。スリープボタンを長押しすることで電源のオンオフが可能になり、一度押せばスリープ状態にすることができます。スリープボタンは、本体の右上に搭載されています。

30ピンDockコネクタ

充電規格は、30ピンDockコネクタとiPod nano(第5世代)と変わっていません。iPod nano(第5世代)では、イヤホンジャックが本体の左下に搭載されていましたが今回のiPod nano(第6世代)では右下に戻っています。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。