iPodtouch6 機能一覧

2015年に発売されたiPod touch(第6世代)。 カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ピンク、ブルー、REDこれに加え初めてゴールドが登場し、計6色となっています。容量は、16GB、32GB、64GB、128GBとなっており、128GBが初めて登場しました。iPod touch(第5世代)との変更点は、CPUとカメラが少しだけ性能が向上しています。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイは、ほとんど変わっておらず4インチの「Retinaディスプレイ」が搭載されています。また「耐指紋性撥油コーティング」もそのまま残っているので指紋が目立ちにくくなっています。

バッテリー

バッテリーの性能もiPod touch(第5世代)と変わらず、音楽再生なら40時間、ビデオ再生なら8時間と変わっていません。

ホームボタン

ホームボタンもそのまま搭載されており、このボタンでホーム画面に戻ったり、立ち上がっているアプリを見ることが可能です。iPod touch(第5世代)でもTouch IDは搭載されていませんでしたがiPod touch(第6世代)でも搭載されていないので指紋認証を使用することはできません。

ボリュームボタン

ボリュームボタンも従来通り搭載されており、本体の左側面の上に搭載されています。このボタンで音量調整を行うことが可能です。また、イヤホンについているボタンでも音量調整、再生、一時停止を行うことができます。再生中の画面からも音量調整を行うことができます。

スリープボタン

ボリュームボタン同様、スリープボタンもそのまま搭載されており、本体の右上に搭載されています。これで電源のオンオフと画面のオンオフを行うことが可能です。従来のiPod touchとデザインやサイズはほとんど変わっていません。

Apple A8

iPhone6と同じApple A8が搭載されており、性能がかなり向上しています。iPod touch(第5世代)と比較するとCPUの性能が6倍向上し、GPUの性能が10倍速くなっています。また、メモリ容量も512MBから1GBとなっているので処理速度が向上し、一度に処理できる数も向上しています。メモリ容量が増大したことでアプリがクラッシュしてしまう問題も解決されました。

リアカメラ

iPod touch(第5世代)よりもリアカメラの性能が向上しており、500万画素から800万画素となっています。画素数が向上しているので綺麗に写真を撮ることが可能になっています。顔検出などが強化されており、新たにバーストモードが搭載されています。バーストモードが搭載されたことで連写が可能になっています。

フロントカメラ

フロントカメラの性能はあまり変わっておらず、iPod touch(第5世代)のカメラと画素数などは一緒になっていますがリアカメラでも搭載されたバーストモードがフロントカメラにも搭載されています。これが搭載されたことで連写が可能になっています。Face Timeもそのまま残っており、ビデオ通話を行うことが可能です。

Ligtningコネクタ

iPod touch(第5世代)からLigtningコネクタに変わっており、そのままLigtningコネクタが搭載されています。Ligtningケーブルを接続することで同期や充電を行うことが可能です。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。