iPodtouch7 機能一覧

2019年に発売されたiPod touch(第7世代)。 カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ピンク、ブルー、REDの6色となっています。容量は、32GB、128GB、256GBの3種類となっており、256GBが初登場しました。iPod touch(第6世代)と比較するとCPUの性能などが向上しています。

性能・便利機能

ディスプレイ

ディスプレイの大きさは、変わっておらず4インチの「Retinaディスプレイ」となっており、「耐指紋性撥油コーティング」もそのまま施されているので指紋が目立ちにくくなっています。

バッテリー

バッテリーの駆動時間は、iPod touch(第6世代)と変わらず、音楽再生なら40時間、ビデオ際セナら8時間と変わっていません。CPUの性能が向上していてもバッテリーの駆動時間は変わっていないのでバッテリーの性能も向上していると思われます。

ホームボタン

ホームボタンは、従来通り搭載されていますがTouch IDには対応していません。ホームに戻ることができたり、開いているアプリを見ることができたりしますが指紋認証を使用することはできません。

ボリュームボタン

ボリュームボタンも従来のiPod touch同様に搭載されており、本体左側面の上に搭載されています。これで音量調整を行うことが可能ですがイヤホンのボタンや再生画面からも音量調整を行うことができます。サイズやデザインはほとんど変わっていません。

スリープボタン

スリープボタンも搭載されており、本体の右上に搭載されています。電源のオンオフや画面のオンオフを行うことが可能で従来のスリープボタンとサイズやデザインは変わっていません。

Apple A10 Fusion

iPhone7にも搭載されているApple A10 Fusionが搭載されています。A8と比較すると処理速度が2倍になり、GPUの性能が3倍に向上しています。iPod touch(第6世代)では、メモリ容量が1GBでしたが今回のiPod touch(第7世代)では2GBとなっています。メモリも向上しているので処理速度、一度に処理できる数も増えています。

リアカメラ

リアカメラの性能もほとんど変わっておらず、800万画素のカメラが搭載されており、オートフォーカスやバーストモードもそのまま搭載されています。動画撮影でもHD画質に対応しており、3倍のデジタルズームもそのまま搭載されています。リアカメラの隣にはLEDフラッシュが搭載されており、フラッシュライトを使用することが可能です。

フロントカメラ

フロントカメラもほとんど変わっておらず、120万画素となっています。動画でもHD画質に対応しており、バーストモードやタイマーモードもそのまま搭載されています。また、フロントカメラを使用してFace Timeも可能になっているのでビデオ通話を行うことが可能です。

Ligtningコネクタ

iPod touch(第5世代)からLigtningコネクタに変わっており、iPod touch(第7世代)でもLigtningコネクタとなっています。iPhoneではイヤホンジャックが廃止になり、イヤホンもLigtningとなっていますがiPod touch(第7世代)ではイヤホンジャックがそのまま残っています。本体の下側、真ん中にLigtningコネクタがあり、左側にイヤホンジャックが搭載されています。

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 郵送修理 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。