みなさん、こんにちは。
iPhone修理専門店モバイル修理.jp ニットーモール熊谷店です。


先日関東でも雪が降り、毎日寒くて元気が出ない!なんて方も多いのではないでしょうか。

実はiPhoneも同じなんです。

iPhoneも寒さに弱い!

iPhoneの動作温度は0°C〜35°Cとされていますが、0℃近い温度ではバッテリーの駆動時間が短くなることがあります。


これはiPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーの特性が原因のひとつです。


リチウムイオンバッテリーは温度が低い状況では正常な電圧が確保できず、電池容量が低下します。


電池容量が低下することにより、バッテリーの持ちが悪く感じます。


また、低温時の電池容量低下は一時的なもので、適温に戻れば電池容量も元に戻ります。


iPhoneは人間と同じように寒いと正常に活動できなくなってしまうので、適温で使うことが必要です。

iPhoneの適温とは?

iPhoneは0°C〜35°Cの範囲で正常に動作しますが、バッテリーは低温時に動作が悪くなります。


Apple公式サイトではiPhoneの適温は16°C~22°Cとされていて、恐らく皆さんが思っているよりも範囲が狭いのではないでしょうか。


また、iPhoneは温度が上がりすぎると「高温注意」と出て操作不能になってしまうことがあります。


これは温度が下げることで操作可能になりますが、極端に温度が高い状態が続くとバッテリーに回復不能なダメージを与えることがあります。


このように、iPhoneは温度が高くても低くても正常に動作しなくなるので、適温を意識して使うことが大切です。

バッテリーが劣化していると、低温時の電池容量低下を感じやすい

毎年寒い時期になるとバッテリー交換のご依頼が急増します。


これはリチウムイオンバッテリーの特性の低温時の電池容量の低下の症状と、バッテリー劣化の症状のダブルパンチによって駆動時間が極端に短くなっている為です。


iPhoneのバッテリーは最大容量が80%を下回ると交換が必要になりますが、徐々に劣化していくため、80%を下回っていても気がつかない方も多いです。


そのため、気温の低い時期になって初めて劣化していることに気が付きます。


バッテリー劣化に気がついたら早めの交換が必要です。


劣化が進むと電源が入らなくなってしまうこともあるので、早めにご相談ください。

熊谷市でiPhoneの修理をするならモバイル修理.jp ニットーモール熊谷店へ

埼玉県熊谷市行田市鴻巣市iPhoneの修理バッテリー交換をするならモバイル修理.jp ニットーモール熊谷店をご利用ください♪
当店はJR高崎線 熊谷駅から徒歩3分ほどの、ショッピングセンター ニットーモールの2階、zakkka-town内にございます。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております♪

モバイル修理.jp アリオ深谷店
0120-592-522
埼玉県深谷市上柴町西4-2-14 zakka-town内


モバイル修理.jp ユニモちはら台店
0120-748-185
千葉県市原市ちはら台西3-4 ユニモちはら台2F

モバイル修理.jp イオンタウン守谷店
0120-777-354
茨城県守谷市百合ケ丘3丁目249-1 イオンタウン守谷2階


担当:A

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp ニットーモール熊谷店 0120-592-512

〒360-0032
埼玉県熊谷市銀座2丁目245番地 
zakka-town内 「地図」

おすすめの記事