iPhone用語集 - 3D Touch

3D Touch

読み:すりーでぃーたっち

3D Touchは少しだけ強めにディスプレイを押すと、アプリ特有のショートカット機能を呼び出せる新しい操作として登場し、2015年に発売されたiPhone6s/6s Plusから搭載されました。

 

ホーム画面に並ぶ電話やメールのアイコンを押すと専用のメニューが表示され、すぐに留守電に保存されたメッセージを聞いたり、未開封メールがあるかチェックすることができます。

 

他にもiPhoneのキーボードにないカーソル操作を実現したり、LINEのメッセージを既読をつけずに読むこともできる便利な機能でした。

 

代替操作の登場

2018年に発売されたiPhone XR以降から3D Touchは非搭載となりましたが、それに代わる新しい操作方法「Haptic Touch」が登場しました。

 

これまでの操作と違ってアイコンを強く押すのではく、長く触り続けることで3D Touchと同機能を提供することができるようになりました。

 

非搭載になった理由

Appleが予想していた以上に、同機能を利用する人が少なかったのです。iPhoneを使っていても、この機能の存在すら知らないユーザも多かったようです。

 

それなら同機能は搭載する必要はないと判断し、iPhoneからその姿を消すこととなったのです。

 

| iPhone用語集TOPに戻る |

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご利用案内

お客様のご都合に合わせて3つの修理スタイル

iPhone 来店修理 iPhone 郵送修理 iPhone 出張修理

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 総務省登録修理業者 モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のiPhone修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。iPhone修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。