バッテリーが劣化しているiPhone6s

iPhone修理専門店のモバイル修理.jp 伊勢崎本店です。

今回は、伊勢崎市内よりご来店のお客様のご紹介です。依頼内容は、電池が半日持たなくなってしまったiPhone6sのバッテリー交換依頼です。

iPhoneの電池はリチウムイオンバッテリーを使用しているため、長年使い続けていると劣化してきます。約400回のフル充電をすることで本来の容量より80%位まで劣化する設計です。

そのため、iPhoneを1年半~2年ほど毎日使い続けているとバッテリーの最大容量が80%前後になります。バッテリーの最大容量が80%前後になると電池の減りも早く感じるようになるため、バッテリー交換をお勧めします。

それでは早速今回ご依頼いただいたiPhone6sのバッテリーを交換していきます!

バッテリー交換前のiPhone6s

バッテリーが劣化しているiPhone6s
バッテリーが劣化しているiPhone6s

画像は、今回伊勢崎市内よりご来店のお客様のiPhone6sです。バッテリーの最大容量は「82%」にまで劣化していました。

お客様に話を聞くと、アプリ使用時に勝手に終了してしまったり、iPhone本体がシャットダウンするような症状も起きることもあるとのことでした。

iPhoneの電池の持ちが悪くなるとモバイルバッテリーを持ち歩いて小まめに充電したり、充電しながら操作することが増えると思います。

しかし、このような使い方をしているとバッテリーの劣化が更に進み、バッテリーが膨張したりiPhoneが起動しなくなる原因にもなるので注意が必要です。

そうなる前に、iPhoneのバッテリーが劣化したらモバイル修理.jp 伊勢崎本店へお持ち込み下さい。

バッテリー交換後のiPhone6s

最大容量が100%になったiPhone6s
最大容量が100%になったiPhone6s

画像は、バッテリー交換後のiPhone6sです。たったの15分ほどの作業時間でバッテリーの最大容量は100%に元通りです。

これで快適なiPhoneライフを取り戻せます。半日持たなかった電池持ちも解消されます。モバイル修理.jp 伊勢崎本店ではiPhoneのバッテリー交換も即日修理で対応しています。

「電池の持ちが悪い」といった症状だけでなく、「突然シャットダウンする」「充電ができない」といった症状もバッテリーを交換することで改善されることもあります。

iPhoneのバッテリー交換するなら是非モバイル修理.jp 伊勢崎本店へお任せ下さい!

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp 伊勢崎本店 0800-800-4446

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町1137-6 「地図」

おすすめの記事