みなさん、こんにちは!

岡山市のモバイル修理.jp マルナカ高屋店の三村です。

本日は、ブログをご覧いただきありがとうございます。

iPhoneSEで充電がうまくできない?

とのことで、ご来店頂きました。

充電口(ライトニングポート)を確認すると、なにか挟まっている??

ほこりがかなり溜まっており、きちんと充電ケーブルが認識してくれていなかったようです。

iPhoneの充電口はふたがないのでポケットに入れたときなどにほこりが入りやすいです。

 

どうやってほこりを取ったらいい?

当店では、修理を行ってくださった方の充電口の掃除をしております。

エアダスターを使えば、だいたいのほこりなどは取り除くことが可能です。

まれにエアダスターでは取れにくいものもあるので、そちらは工具を使って取り除いております。

 

個人のご自宅にエアダスターなどがあれば一度ほこりを飛ばしてみてのもいいかもしれません。

しかし、充電口は工具などで傷つけないようにしてくださいね。

当店では、電波法の兼ね合いで充電口(ライトニングポート)の修理は行っておりません。。

エアダスターなどがない場合は、当店にお越し下されば無料でほこりをとりますよ♪

 

ほかにもこんな原因も…

充電ケーブルがおバカさんになってしまっている…。

世の中には多くのケーブルがありますが、アップル純正品やMFiというアップルに認められたケーブルを使ってみてください。

そのようなケーブル以外だと充電ができなかったり、バッテリー自体が不具合を出したりすることもございます。

 

バッテリー自体が劣化してしまっている

バッテリーが劣化をしてしまうと充電がきちんとできないケースがございます。

目安として2年以上使っている方は、バッテリー本体の交換も視野に入れて頂けたらと思います。

今回のiPhoneSEの方も3年ほど使っているけどバッテリー交換はまだしていないからということで

今回バッテリー交換のご依頼も頂きました。

 

iPhoneに限らずですが、安心して使えるといいですよね。

お困りごとございましたら、岡山市中区にありますモバイル修理.jp マルナカ高屋店まで!

おすすめの記事