こんにちは。iPhone修理専門店のモバイル修理.jp 伊勢崎本店です。

iPhoneのバッテリーは1年半~2年ほどで劣化してきます。そう、ずっと使い続けているとバッテリーは劣化してしまうんです。

最近ではiPhoneの設定でバッテリーの状態が確認できるようになっています。確認するところは設定プリのバッテリーの『最大容量』という項目です。

最大容量の数値をパーセンテージ表示で確認することができて、最大容量が85%以下になってくると劣化が始まるといわれています。

新品時は最大容量100%ですが、使い方や使用環境によってバッテリーの劣化が進むスピードも変わります。劣化が酷くなると電池の減りが早くなったり急に電源が落ちてしまったりします。

そこで今回は伊勢崎市内よりご来店いただいたお客様のご紹介です。依頼内容は、電池の減りが異常に早くなりシャットダウンを繰り返してしまうようになったiPhone6のバッテリー交換です。

バッテリー交換前のiPhone6

画像は今回伊勢崎市内よりご来店いただいたお客様のiPhone6です。バッテリーの持ちが半日も持たないのと、残量が50%前後になるとシャットダウンしてしまうそうです。

この症状はバッテリーの劣化から来ている可能性が高いです。バッテリーの状態で最大容量を確認してみると51%という数値にまで劣化していました・・・

ピークパフォーマンス性能の文章にもありますが、バッテリーの劣化が進むとバッテリーの持ちが悪くなるのと、電源がいきなり落ちたりアプリの開きが遅くなる症状も発生してきます。

バッテリー交換後のiPhone6

画像はバッテリー交換後のiPhone6です。バッテリーはiPhone内部にあるので、外見では本当にバッテリー交換したのか分かりにくいです

劣化が進みすぎるとバッテリーが膨張して液晶も押し上げることもありますが、基本的に見た目は変わらないのでバッテリー交換後はiPhoneの設定で確認します。

最大容量が100%にまで復旧しているのがお分かりいただけると思います。これで購入当時のパフォーマンスに戻りました!

モバイル修理.jp 伊勢崎本店ではバッテリーの無料診断も行っております。iPhoneのバッテリー状態を詳しく知りたいという方はご相談ください!

iPhoneのバッテリー交換するなら是非モバイル修理.jp 伊勢崎本店へお任せ下さい!

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp 伊勢崎本店 0800-800-4446

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町1137-6 「地図」

おすすめの記事