修理前のiPhoneXS

こんにちは。iPhone修理専門店のモバイル修理.jp 伊勢崎本店です。

最近ではiPhoneXやiPhoneXSの画面交換の修理依頼が増えています。それと同時に「他の修理屋でiPhoneXシリーズを修理してから不具合が出るようになった」といったご相談も増えてきました。

原因は画面修理に使用しているパネルの素材によるものでした。iPhoneには現在、液晶ディスプレイ(LCD)と有機ELディスプレイ(OLED)の2種類のフロントパネルが存在しています。

主にiPhoneXシリーズや最新機種であるiPhone11 Proには高繊細で美しさが特徴であるOLED(有機EL)が採用されています。

しかし、最近iPhoneXシリーズの修理部品でLCD(液晶)のフロントパネルが出回るようになっています。本来はOLED(有機EL)のiPhoneにLCD(液晶)の素材で作られた部品を使うと不具合が生じることがあります。

今回は修理の部品にLED(液晶)パネルを使う修理屋が増えている理由と伊勢崎市内からご来店いただいたiPhoneXSの画面割れの修理依頼についてご紹介していきます。

LED(液晶)パネルを使用する店が増えている理由

修理前のiPhoneXS
画面が割れたiPhoneXS

画像は今回伊勢崎市内よりご来店いただいたお客様のiPhoneXSです。画面全体がバキバキに割れてタッチ操作ができない状態です。

お客様に話を聞くと他の修理屋にも相談してみたそうですが、当店が一番信頼できそうだということで修理のご依頼をいただきました。

最近ではiPhoneXシリーズの画面修理も格安で行っている修理屋がありますが、そういったお店は受付の際に修理に使用するパネルの種類を説明していないお店が多いです。

実際に「他店でiPhoneXを修理してから不具合が出るようになった」と相談に来るお客様のiPhoneを分解するとOLED(有機EL)ではなくLED(液晶)パネルが使用されています。

もちろん説明は一切なかったとのこと・・・同じ修理屋として非常に悲しいです。

LED(液晶)パネルを使う修理屋が増えている理由は、『仕入れ価格』にあります。OLED(有機EL)はまだ部品価格が高いのに比べてLED(液晶)パネルは安価で仕入れることができます。

しかし、先程も説明したようにLED(液晶)パネルを使用して修理すると不具合が生じたり発色にも問題があるので当店では使用していません。

モバイル修理.jp伊勢崎本店ではiPhoneXシリーズの画面修理にOLED(有機EL)を使用しているので安心してご利用下さいませ。

修理後のiPhoneXS

修理後のiPhoneXS
画面交換で復旧したiPhoneXS

画像は画面割れ修理を終えたiPhoneXSです。OLED(有機EL)パネルで修理しているので発色や操作感も今までと変わりません。

安価のLED(液晶)パネルを使用すれば修理金額も下げることが可能になりますが、当店では修理の品質に拘っています。修理後に不具合が出る可能性のある部品は使用していません。

安心してiPhoneの修理をしたいと思う方は是非モバイル修理.jp 伊勢崎本店へご相談ください。

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp 伊勢崎本店 0800-800-4446

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町1137-6 「地図」

おすすめの記事