バッテリーが劣化したiPhone6s

iPhone修理専門店のモバイル修理.jp 伊勢崎本店です。

iPhoneのバッテリーは長年使っていると劣化してきます。バッテリーが劣化すると以下のような症状が起きます。

・電池の持ちが悪くなる
・動作が鈍くなって突然シャットダウンする
・画面が浮きあがってくる

このような症状に悩んでいませんか?今回は上記の3つの不具合をご紹介しましたが、バッテリーが劣化すると色々な不具合が起きてiPhoneを満足に操作できなくなってしまいます。

iPhoneのバッテリーは設定アプリから状態を確認することができます。設定アプリを開いて「バッテリー」という項目をタップすると「バッテリーの状態」を確認することができます。

最大容量が80%以下になっている場合は、かなり劣化している状態となります。なるべく早めに対処しましょう。

そこで、今回は伊勢崎市内よりご来店いただいたお客様のご紹介です。依頼内容は、バッテリーの劣化で電池の減りが早くなったiPhone6sのバッテリー交換です。

バッテリー交換前のiPhone6s

バッテリーが劣化したiPhone6s
バッテリーが劣化したiPhone6s

画像は、今回伊勢崎市内よりご来店いただいたお客様のiPhone6sです。設定アプリにてバッテリーの状態を確認してみたところ、最大容量が68%にまで劣化していました。

一日どころかiPhoneを操作するとすぐに電池切れになってしまうとのことでした。iPhoneのバッテリーの寿命は約2年と言われていますが、充電方法や使用頻度によっては寿命が早まることもあります。

特に外出先でモバイルバッテリーを使って充電していると、純正の充電器より電圧が高くなったりとバッテリーに負荷が掛かってしまいます。

また、充電しながらiPhoneを操作すると放電と充電を同時に行ってしまうため、バッテリーに大きな負荷が掛かり、膨張や発熱の原因となってしまいます。

できるだけ純正の充電器を使用し、充電中は操作をしないを心掛けることがバッテリーの寿命を延ばすコツとなります。

バッテリー交換後のiPhone6s

最大容量が100%になったiPhone6s
最大容量が100%になったiPhone6s

画像は、バッテリー交換後のiPhone6sです。iPhone修理のプロにかかれば約15分ほどの作業時間でバッテリー交換ができます。

バッテリーを交換した後には、再度設定アプリよりバッテリーの状態を確認します。最大容量が100%になって充電ができることが確認できたらご返却となります。

今回はiPhoneのバッテリー交換をご紹介しましたが、当店は画面割れなどその他の故障にも対応しています。

iPhoneの故障でお困りでしたら是非モバイル修理.jp 伊勢崎本店へご相談ください。

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp 伊勢崎本店 0800-800-4446

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町1137-6 「地図」

おすすめの記事