iPhoneを置き忘れたり紛失したりしたときの対処法!

この記事はモバイル修理.jp 伊勢崎本店です

05.11

愛用のiPhoneを何処に置き忘れたとか、落としてしまった、盗難にあったなどで手元から紛失したことはありませんか?
まず、iPhoneを無くなった時にまず取るべき行動は、置き忘れを考えて食事をしたお店とかタクシーに乗車したら、タクシー会社に連絡をするなどしてみましょう。置き忘れではなかった事が判明し、どこかで落としたもしくは盗まれたかもなどと言うときは、iPhoneの現在地を調べることで見つけることも可能です。
今回は、その対象方法をご紹介していきます。

「iPhoneを探す」の機能で見つけだそう!!

この機能では、どこにiPhoneあるかがわかると同時に、遠隔操作でロックをすることができます。またiPhoneに保存しているデータの流出を防ぐために、遠隔操作ですべてのデータを消去することもできます。

操作手順:「設定」から「iCloud」の設定画面を表示しましたら、下へスクロールして「iPhoneを探す」をタップします。
機能が有効になると、確認画面が表示されますので「OK」をタップします。
そして「iPhoneを探す」をオンにしてください。
「最後の位置情報を送信」もオンにしておきましょう。電池が切れそうになった時に、iPhoneの位置情報を取得してくれます。

ただ、気をつけなければいけないのは、この「iPhoneを探す」機能は、iPhoneが手元になければオンにできません。万が一の事態を考えて、機能をオンにしておくことをおすすめします。

iPhoneの電源が入っていないとか、オフラインの場合の時の対処法

失くしてしまったiPhoneの電源が入っていない場合、オフラインになっている場合でもiPhoneを「紛失モード」にするか、ロックするか、リモートでiPhoneに保存されている情報を消去することが可能です。
「iPhoneを探す」がオンになっていないと「iPhoneを探す」機能は使えませんが、iPhoneの機能を多少は使用不可にすることは出来ます。

まずAppleIDのパスワードを変更すれば、自分以外の人間はiCloudにあるデータにアクセスを拒否できます。
その他にも、iMessageやiTunesの使用も防げます。

同時に、インターネットアカウントのパスワードを変更をしてメール、FacebookまたはTwitterなどへのアクセスも防ぎましょう。
iPhoneを紛失したり、盗難にあった場合はすぐに契約している通信キャリアに連絡をしてアカウントを無効にしてもらうことで、通話やデータ通信などのサービスを不使用にすることが出来ますので、コチラも忘れずに対処していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

pc_01 郵送修理 加盟店募集中 iPhoneまとめブログ

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
モバイル修理 実績ナンバーワン モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のアイフォン修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。アイフォン修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。