こんにちは。iPhone修理専門店のモバイル修理.jp 伊勢崎本店です。

12月が近づくにつれて寒くなってきました。インフルエンザなども流行る季節なので皆さんも体調管理にはお気を付けください。

気温の変化に敏感なのは人間だけではありません。iPhoneにも『耐久温度』が設定されているのはご存知でしょうか。

iPhoneの耐久温度は0℃~35℃の範囲で設定されています。iPhoneが高温になると「高温注意」の表示とともにiPhoneが使えなくなってしまいます。

逆にiPhoneが低温になると何も表示されずに突然シャットダウンしてしまいます。そこまで氷点下になることはありませんが、冬はバッテリーの劣化が激しくなってしまいます。

そこで、今回はiPhoneのバッテリーが劣化したときの対処法についてご紹介したいと思います。

バッテリーが劣化したら修理しましょう

画像は、今回伊勢崎市内よりご来店いただいたお客様のiPhoneです。最近電池の減りが早くなってきたとのことでモバイル修理.jp 伊勢崎本店までご来店いただきました。

iPhoneのバッテリーが劣化した場合は、新品のバッテリーに交換するしか方法はありません。

バッテリーの劣化を少しでも防ぐには、低温によってシャットダウンしてしまったiPhoneを急激に温めないことです。

人肌で少しずつ温めて起動するまで待ちましょう。それでも全く起動しない場合は、モバイル修理.jp 伊勢崎本店へご相談ください。

バッテリー交換は即日対応

画像は、バッテリー交換を終えたiPhoneです。バッテリー交換にかかる時間は非常に短いです。混み合っていなければ数分でお返しすることが可能です。

しかし、低温によって起動しなくなったiPhoneの復旧修理は時間がかかることがあります。

バッテリー交換だけで復旧すればいいのですが、『内部凍結』による基盤のショートが原因の場合、復旧できない可能性もございます。

寒くなるこれからの季節、外を歩く時はポケットに入れておくなどの対策をするようにしましょう。

iPhoneの故障でお困りでしたら是非モバイル修理.jp 伊勢崎本店へご相談ください。

このブログを書いたお店

モバイル修理.jp 伊勢崎本店 0800-800-4446

〒372-0006
群馬県伊勢崎市太田町1137-6 「地図」

おすすめの記事