iPhoneが水没した際の正しい応急処置とは

この記事はモバイル修理.jp 伊勢崎本店です

02.14

iPhone 7以降の端末では、耐水機能がようやく追加されました。しかし、あくまでも「耐水な」ので完全防水ではありません。土砂降りの雨の日や間違って水の中に落としてしまった際には、故障する可能性が少なからずあります。
今回は、iPhoneが水没した際の正しい対処法を3つ紹介します。必見です。

水没時の応急処置その1:電源を切る

iPhone 8/Xなどの最新モデルの耐水レベルは「IP67」等級とされています。この「IP67」という耐久レベルは、水が侵入した時に保護するというもので完全防水ではないということを覚えておきましょう。また、いくら耐水機能があっても水没させないことに越したことはありませんよね。
最初に、水没したらすぐに電源をオフにします。iPhoneの中は精密機械なので、水分が侵入すると故障の原因になる可能性があります。水没によって自動で電源がオフになっている場合でも、無理やり電源をオンにする必要はありません。

水没時の応急処置その2:SIMカードを外す

iPhoneを使っているユーザーは、キャリアなどのSIMカードが入っていると思うので、すぐに取り外します。水分が入るとSIMカードの故障につながるかもしれないので、その前に保護したいです。

iPhone本体の右側にSIMカードが入っている場所があるので、小さなピンなどを使ってトレーを引き出します。iPhoneを購入した際に入っている小さな銀色のピンです。

もし失くしたというという人は、何か先が細いものであればSIMトレーは開けられるので代用できますよ。

水没時の応急処置その3:iPhone本体を乾燥させる

水没したiPhoneは、しっかり乾かせる必要があります。やりがちなのがドライヤーを使って乾燥させる方法ですが、余分な熱が加わるので故障の原因になる恐れがあります。

水没したら本体についている水をティッシュなどでしっかり拭き取ります。そして、あとは自然乾燥です。

100パーセント乾燥させるには結構時間がかかりますが、最悪の結果を防ぐためなので辛抱強く待ちましょう。

まとめ

水没時の応急処置について紹介しました。もし、それでも故障してしまったという場合は、修理が必要です。そんな時は、群馬県にある即日修理が可能な『モバイル修理.jp』伊勢崎本店までお問い合わせください。

大切なiPhoneをしっかりと修理いたします。

出典1:https://www.pakutaso.com/20160942265post-9075.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お客様のご都合に合わせて3つの便利な修理スタイル!

来店修理 	郵送修理 出張修理
3つの修理スタイル 来店修理 郵送修理 出張修理
プレゼント応募ページ pc_01 郵送修理 加盟店募集中 iPhoneまとめブログ

店舗ブログ

ページ上部へ戻る
今月のキャンペーン実施店舗!
モバイル修理 実績ナンバーワン モバイル修理.jp

モバイル修理.jpグループは、携帯ショップ運営会社が展開する安心のアイフォン修理店です。当店ではお客様の大切なデータを消さずに最短15分で即日修理が可能です。ガラス割れ、液晶交換、バッテリー交換、水没修理、難易度の高いデータ復旧も行っております。アイフォン修理は信頼と実績のあるモバイル修理.jpにお任せください。